オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

プロフィール(日々更新)

f:id:peronchu-masumi:20160511005316j:plain

オフィスペロンチュ2の運営者、ペロンチュ真純のプロフィールです。

ペロンチュ真純って誰?

カンタンに肩書きを説明すると

真面目にエロスを語るエロブロガー

これにつきます。

ぼくが人生において、エロや性欲が絶対に必要だと感じたのは、28歳の頃でした。

当時は、やる気のないフリーターを卒業して、正社員として就職したばかりの新米のクソガキで、会社について行くだけで必死でした。結婚もしていたので、ここからがんばるぞ!と鼻息荒く思ってたものの、お酒の付き合いも多ければ、仕事に追われる毎日、いつしかセックスもオナニーもほとんどしてないことに気づきました。

たまにムスコを使ってみると、勃つことすらできず、勃っても中折れしたり、気がつけばセックスもオナニーも楽しめない体になっていました。

忙しさからのコミュニケーションの不足さや、そんな状態だったからでしょうか。妻から離婚を言い渡され絶望もしてました。

「ぼくの人生は、仕事をして、お酒を飲んで、このまま年老いて死んでいくのか…」

そんなときに、オナ禁に出会います

一ヶ月ほど我慢してみると、性欲も行動力もみなぎってきました。セックスを楽しめるようになり、勉強するようになったり、新しい出来事に積極的にのめり込んでみたり、筋トレをしてみたり、会社まで自転車通勤してみたり、運動なんて皆無の人生だったにも関わらずです。

ひょっとして、エロや欲望って生きて行く上で大事なんじゃ…?

そう気づいてから、ぼくはエロに関する知識をとにかく沢山、調べるようになりました。

くだらないことにも、エロのメカニズムが隠れていたりして、調べれば調べるほど知識が連動していきます。

確かにぼくらは、性やエロに関することを、エロ本やAVでしかほとんど勉強していない。知らないから性力は落ちるし、ワンパターンの楽しみ方しか知らないのかもしれない。

セックスレスも中折れも、努力や習慣を改善するだけでどうとでもなる。

身をもって体験したからこそ、ぼくはその知識を30代の仕事詰めのサラリーマンたちに伝えたいと思っています。

人はエロくなければいけない

だからこそ、このオフィスペロンチュ2を真面目にエロを語る場所にしたいです。

前かがみ研究家

f:id:peronchu-masumi:20160611090506j:plain

真面目系エロブロガーという肩書きのほかに、前かがみ研究家を名乗っています。

ポイントはチラリズムの自然さ

学生時代、女子の制服の隙間から誰もが谷間を堪能していたように、前かがみには不思議な魅力があります。

まるで吸い込まれそうなエロス。

ただだっちゅーの的な胸をよせただけの前傾姿勢は嫌いです。

見えそうで見えない、でもその魅惑の領域がみえたら、一日が幸せになる感じが好きです。

最後に

されど人生はエロエロ!!
(byみうらじゅん)

エロがなくちゃ始まらない人生に、ほんのちょっぴりの深みを足したい。

それはコーヒーの苦みのような深み。浅いエロじゃ足りない。その深みが人生を豊かにすると信じています!

そんなマジメ系エロの世界を一緒に楽しみましょう!

ペロンチュ真純