オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

【ファン歴12年】のぼくがオススメする斉藤和義の名曲10選!!

f:id:peronchu-masumi:20160521084257j:plain

毎日おつかれさま!!
超正統派コラムニストのペロンチュ真純です。

さて朝コラムのネタを考えていたら
急に斉藤和義さんについて語りたくなりました。
そのときのツイッターがコチラ!!

だいたいテレビで斉藤和義さんがでると
下ネタとせっちゃんのあだ名の由来と
ギター好きであることが取り上げられます。
そして演奏曲は「歩いて帰ろう」か
「やさしくなりたい」か「歌うたいのバラット」。

ぶっちゃけファン的には
そのチョイスに飽きたんですよね。
いいんですよ名曲ですし。
でもせっちゃんの良さはそこじゃねぇだろと。

ということで今回は斉藤和義さんのファン歴12年のぼくが
これ聞いてたらまずまちがいないでしょ!?
って名曲をピックアップするコラムです。

1、真夜中のプール

f:id:peronchu-masumi:20160521084353j:plain

【あの日描いた未来とは
何か少し違ってるけどそれが今は好きで】

ウワサ話で聞いた昔の彼女の結婚に
当時のことを思い出すという曲。

たとえ真夜中にプールで泳いでいなくても
近しい想い出って誰でももっているわけで。
大人になるってこういうことだなって感じる曲です。

2、ドライブ

f:id:peronchu-masumi:20160521084417j:plain

【Baby都合いいかもしれないけれど
Babyもう一度君に逢いたい】

斉藤和義さんの良さは
男性ならではの女々しさです。

たとえばこの曲でいえば自分でふったくせに
その人のことをいまさら思い出す感じ。
でもこれって男性は共感できるんですよね。
つよがりさえも自然に出す歌詞がいい。

3、映画監督

f:id:peronchu-masumi:20160521084442j:plain

【冴えない男の毎日に奇跡を起こす話】

情熱大陸に出演されたときに
この曲のレコーディング風景が流れたのもあって
ファンにはたまらない人気な曲。

本人は妄想系の歌詞と言っていたけれど
ぼくは好きな人をテレビで見てるイメージで聞いてしまう。
この1フレーズがたまらなく好きです。

4、かすみ草

f:id:peronchu-masumi:20160521084508j:plain

【変わったのは君じゃなくて
変われなかった僕なのに】

斉藤和義さんの曲をきいてると
とてもロマンチストなのが伝わってくる。
月や草や花など自然なものを歌詞に入れた曲がとても多い。

かすみ草を持って船を漕ぐ。
1つの物語を2つの視点でみてることも魅力的。

5、古いラジカセ

f:id:peronchu-masumi:20160521084535j:plain

【思い出は美しいままで笑ってるこの胸の奥で】

ショートムービーを見てるかのような
聴くだけで映像が流れてくる曲。

タイトルにラジカセって使うあたりたまらない。
言葉数が少ないわりに
物語が詰まっていて涙腺を誘う
どことなく余韻がのこる切ない曲。

6、幸福な朝食 退屈な夕食

f:id:peronchu-masumi:20160521084557j:plain

【大成と犠牲 予定通り予定外
立派なまがいもの 本当は偽物】

こんな曲をシングルにできるミュージシャンは
今の音楽シーンにはまずいないでしょうね。

聞けば聞くほどクセになる不思議な魅力の曲。
自由な言葉選びなのにフレーズの1つ1つが頭に残ります。
そのクセどこか深い歌詞で考えさせられます。

7、彼女

f:id:peronchu-masumi:20160521084620j:plain

【”今も彼女が好きだ…”ねぇ君はどう思う?】

斉藤和義さんの中でもこれでもかってくらい
出てくるフレーズは「月」です。

月と話をしながらふられた彼女のことを思い出す。
それは独り言。つらいことを言う勇気もない主人公。
お酒と月にだけ頼るよわい男性の曲です。

8、I Love Me

f:id:peronchu-masumi:20160521084508j:plain

【誰よりもI Love Me その次がI Love You】

この曲のポイントはギターのイントロ。
それはズルいわ!!っていいたくなるほどかっこいいです。

たまのギター1本の弾き語りライブでも
このバンドサウンド満載の曲を
さらっと弾ききるあたりさすが実力派ミュージシャンです。

9、ウェディングソング

f:id:peronchu-masumi:20160521084701j:plain

【誰もしあわせしかいらないだろう
それだけを祈るだろう】

これは一倉宏さんの歌詞になります。
今の立ち位置のきっかけを作った曲でしょうね。
この曲に関してはPVとセットで見ると染みます。

世界観としては真夜中のプールに近いテーマですが
こっちの彼女さんの方が深くつきあってた人という印象。

10、ずっと好きだった

f:id:peronchu-masumi:20160521084728j:plain

【「教えてよやっぱいいや…」あの日のキスの意味】

好きだったんだぜの「ぜ」に
違和感を感じないとこが好き(笑)
ちょっと考えればダサイんですけどね。
ダサくさせない魅力というか。

もうこれに関してはお馴染みとか関係なく良い曲です(笑)
大人になってからふり返る青春はまた味があっていい。

最後に

さていかがだったでしょうか??

12年前は斉藤和義さんの存在は知っていても
聞いたこともなかったんですが
何気なくジャケ買いした
[青春ブルース]というアルバムから
どっぷりとハマって12年…
クセになるミュージシャンです。

ただ有名になればなるほど
ファンとしては嬉しいんですけど
スルメ的なとこが魅力なんですよね。
聞けば聞くほど好きになる。

そういう曲をオススメしたかったんです(笑)
またこういった特集やっていきますね。

それではまた!!

ペロンチュ真純