読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

【その2】まだあった!?学生向け未経験OKアルバイト体験記2

f:id:peronchu-masumi:20160602083210j:plain

毎日おつかれさま!!
超どうでもいい系コラムニストのペロンチュ真純です。

さて本日は学生向アルバイト体験記の第二段です!!

www.peronchu.jp

というコラムを書き終えたときは出しきったなぁ。
いやー書いててなつかしかったな。
なんて満足感がハンパなかったんですが…
何日か経ってからから気付きました。
まだまだ経験した
アルバイトが多数あったことを。

ということで今回は長期的なものプラス
単発短期の仕事もご紹介いたします。

今回もアルバイト未経験のあなた!必見です!
ちょっとマニアック編になると思いますが
最後までお楽しみください。

自販機補充のアシスタント

f:id:peronchu-masumi:20160602083216j:plain

自動販売機の補充をするドライバーのアシスタント
これは日雇い派遣みたいな感じでやってました。
エリアはランダムで時給950円で
保険は入れてくれません。
前日までに連絡をしてシフトに
入れてもらうみたいな感じですね。

具体的な業務の内容としては
ドライバーが自販機に補充に行きます。
都内では駐禁が厳しいです。
駐禁にならないように
車を死守してくれ!

と頼まれる仕事です。

あとはドライバーが補充する
ドリンクを指定された数だけ用意したり、
場合によってはゴミ箱の
中身の回収をしたりする仕事です。

正直おもしろさはないですけど
ラクさで言えばダントツです。
感覚的に車に乗っていれば終わるので。
あとはドライバーとの相性みたいなもので
穏やかな時間が過ごせるかが決まります(笑)

ただ終わる時間が月末の
追い込み時期になると長くなるのと
最短だと昼くらいに終わってしまうこともあります。
一応6時間は保障がつくんですけど
これも稼ぎたい人向けの仕事ではないですね。

マイナスな点としては
トラックはアイドリング禁止なので
夏場と冬場は社内にいても
灼熱だったり極寒だったりします。
そのあたりの調整を自分でどうするかでしょうね。

ドライバーと仲良くなると普通に
固定で入れてくれることもあります。
家の前まで迎えに来てくれたりもするので
仲良くなっておくと得です。

交通量調査

f:id:peronchu-masumi:20160602083223j:plain

交通量調査のアルバイトって知ってますか?

たまに町で写真のように
椅子に座りながらカチカチやってるアレです
たぶん市や区でやってるものだと思うんですけど
ぼくは高校生のときに友だちに
誘われただけなので詳しく知りません。

都内では修行僧のように
ひたすらカチカチ
孤独と戦うイメージですが
ぼくの地元でやったときは
二人体制で机が容易されてました。
なのでエリアや地区でだいぶ違うとは思います。

ぼくのときは朝7時~19時までで3日間。
交差点でどっちから来た車が
どっちへ行くのかをひたすらカウントするだけ。
3日間で27000円とかそのくらいもらえた気がします。

トイレとかもわりと行けます。
夏場だったのもあって日差しは
けっこう辛くて日傘してました。
地方&学生だったので自由でしたけど
都内だともっと厳しいかもしれません。

引っ越し

f:id:peronchu-masumi:20160602083228j:plain

引っ越しのアルバイトというと
力仕事ってイメージを持ちませんか?

ぼくがやったのは引っ越しのなかでも
ちょっと特殊なほうで

タンスにある衣服などを
段ボールにしまい引っ越し先で
タンスの中身を元に戻すという仕事でした。
3日くらいの単発でやりましたね。

詰めた段ボールも入口にまとめたら
引っ越し業者が持って行ってくれるので
ある意味引っ越しサポートみたいな仕事です。
たまたまですけど昼ごはんとかも
出してもらえたので嬉しかった記憶が(笑)

マイナス点としてはどんな家かは
事前に知らされないので
たとえばゴミ屋敷とは言いませんけど
ホコリが多い家などはつらいですね。
たしかマスクが禁止なんですよ
家の人に失礼にあたってしまうらしくて。

倉庫内作業

f:id:peronchu-masumi:20160602083233j:plain

倉庫作業は単発で2種類経験しました。

1つは某流通系の倉庫作業では
ベルトコンベアーにトラックの
中身を流していく作業でかなり重労働でしたね。

割れもの専用のレーンがあって
そこまで持っていくんですけど
ぼくが持ったなかで重かったのはトイレ。
新品の便器をまるまる持ち上げる経験
とか普通に生きてたらそうそうないですよ(笑)

もう1つは製造過程で
ミスやトラブルがあったテレビが
問題ないかを確認する軽作業もしました。

とてもシンプルな仕事で
新品の段ボールについてる
シールを段ボールを破ることなくはがして
中身をチェックして問題なければ
また元の状態に戻すという仕事です。

ドライヤーをあてると
セロハンだったかのテープの粘着力って
一時的に無くなる
みたいで
あたためてはがして冷ましてつける。
みたいなことをやってました。
不思議な仕事でしたね。

これはあくまでぼくの意見ですけど
性格的にちょっとニガテな仕事でしたね。

音響

f:id:peronchu-masumi:20160602083239j:plain

最後は音響の仕事です。
ぼくはもともとPAと呼ばれる
ライブのスピーカーを調整する
仕事がしたくて東京に来ました。

PAというとどんな仕事か?
出演者が気持ちよく演奏できる環境を作る。
お客さんが気持ちよく聴ける
環境を作る仕事ですかね。

たとえばハウリングが起きたら
すぐ対処したりとか
それぞれ楽器って音量が違うので
バランスよく調整したりとか
そういったステージを
陰ながら支える土台みたいな仕事です。

この仕事はスピーカーや機材がとにかく重い。
いろんな現場に行くので
同じ環境での仕事っていうのが
ライブハウスでない限りそうそうないです。
なので搬入と搬出が常にあるんですね。

マイナス点は拘束時間が長いことですかね。
1日に3現場くらい回ると
始発から終電なんてザラです。
ぼくはライブレストランでのPAもしてました。
当時はペーペーだったのもありますが
1現場で5000円とかでしたね。

まあプレッシャーもすごくて辛かったですけど
それ以上に色んな人と出会ったり
有名な人に会えたり
そういう楽しみはある仕事でしたね。
なのでやりがいとか目的もった人なら
ずっと楽しめる
と思います。

最後に

さていかがだったでしょうか?

まあ参考までに世の中には
いろんな仕事があることを
すこしでも知ってもらえたらいいなと。

正直どんな仕事でも
楽しくやれていれば
それ以上のことなんかない
わけです。
ぼくは倉庫作業ってニガテでしたけど
好きだって人はそれで全然いいわけです。

最初からイメージや理想だけで
最高の仕事に就けるかどうかって
ただの確率論
ですしね。
いっぱいいろんな経験してください。

28歳までフリーターだったぼくでも
今じゃ正社員で楽しく働いてたりします。
遠回りも全然OK。
参考になれば嬉しいです。

最後までありがとうございました。
それではまた!

ペロンチュ真純