読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

【ジャパン】アカデミー賞獲得ブリーラーソンの映画ルーム感想記【プレミア】

f:id:peronchu-masumi:20160611214906j:plain

毎日おつかれさま!!
超どうでもいい系ブロガーのペロンチュ真純です。

突然ですが皆さん
ジャパンプレミアって知ってますか??

「言葉は聞いたことはあるけど
よく知らないなぁ」って人のために
今回映画ルームに参加するにあたって
ちょっと調べてみました。

ジャパンプレミアとは日本で初公開となる
試写会のことで主役が登壇したりするイベント
※ちなみに世界初公開の試写会をワールドプレミアといいます。(wiki)

はじめて応募したんですけど当たるもんですね。
ディカプリオ主演のレヴェナントは外れましたが…。

今年度アカデミー賞
26歳にして主演女優賞を受賞した
ブリー・ラーソンが出演する映画ルーム。

最初に言っておきますと3度も泣かされました。
※HP移転に伴う再アップ記事です。
時系列のズレはご了承ください。

ルームってどんなお話?

f:id:peronchu-masumi:20160611214925j:plain

※画像は左ジェイコブ・トレンブレイ、右ブリー・ラーソン

ざっくりとあらすじを説明すると
7年間小さな「部屋」で監禁され続けた
親子による社会復帰までの家族ドラマです。

「ジャックはママ(ジョイ)と
一緒に部屋で暮らしていた。
そこには台所や風呂にタンス、ベッド
テレビがあった。窓は1つもない。
唯一ある天窓は届かない高さにある。

扉は厳重にロックされていて
その部屋から出ることは出来ない。

ジャックにとってはこの部屋が世界のすべてで
それ以外のものはニセモノだと教えられていた。

ジャックは5歳の誕生日を迎えた。
生まれてからずっと狭い世界の中。
ママはジャックが肉体的にも精神的にも
健康でいられるように最善を尽くしていた。

ジャックはママ以外の人間を一人だけ知っていた。
ニックと呼ばれる老けた男性だ。
彼はジャックが衣装ダンスの中で寝ているときに
やってきて食料と日用品を渡してくれる。

そう彼こそが
当時19歳のジョイ・ニューサム(ママ)を
監禁しつづけた張本人だ。

この部屋を2人がどうやって脱出し
生き別れてから7年も経った家族と再会を果たし
どう社会に適応していくかまでを描いた作品。

映画の感想(ネタバレ有)

f:id:peronchu-masumi:20160611214938j:plain

あらすじを見ると重い印象を
受けるかもしれませんが 見終わって感じたのは
冬に窓を開けて空気を
入れ替えたときのような解放感でした。

2人は外の世界へでたとき
狭い部屋にいたとき以上に
7年という時間の現実を痛感します。

たとえばジャックがレイプ犯の息子であること。
ジョイ(ママ)の両親は離婚していて
新しい暮らしをしていたこと。

小さいことで言えば
スマホが普及してることだけでも
ジョイには耐えられません。

助かったからハッピー。
なんてそんな甘いものじゃなく
なんで自分だけがこんな目に…
そう思わずにはいられない。

ジョイのお父さんはジャックの顔を見ません。
監禁から抜け出したことで
マスコミの餌食にもなります。

「ジャックが大きくなったら
父親のことを説明しますか?」

なんて心ないインタビュー平気でされます。

でもそこでジョイ(ママ)には耐えられないとしても
ジャックが成長していくことで支えあっていく姿
ちょうどよく30過ぎたぼくには染みましたね。

監禁されてるときジョイはジャックがいなければ
そこでの生活に耐えられなかったでしょう。

世界へ出た直後
ジャックはジョイとしか話せなかった。
人間をジョイしか知らなかったので
男の子なのに仕草は女の子。

でもそんなジャックが友だちを作り
男の子らしさを知っていき
家族を愛しママを支えるようになる。

ずばり生命力を感じる映画でしたね。

ぼくの中で泣いたポイントは3つ。

  1. 部屋を抜け出して母親と再会するシーン。
  2. 祖母に愛してると伝えるシーン。
  3. ドアが開いてるから部屋じゃないと言うシーン。

これからの世界を生きるために
わからないことにトライしていく姿は
解放感や生命力をとても感じさせてくれるラストでした。

ジャパンプレミアの小話

f:id:peronchu-masumi:20160611215009j:plain

映画が終わってからブリー・ラーソン
息子役を演じたジェイコブ・トレンブレイ
入場してきました。

はじめてだったので知らなかったんですが
ほぼ撮影もOKでしたし通路の近くの人は
サインだったり握手もOK。

けっこう自由なんですね。

ジェイコブ君は赤いスーツで
動きも終始くねくねさせてて
可愛らしい感じで
見ていてつい笑っちゃいました。

マイク慣れしてないので
話すときマイク遠ざけるんですよね(笑)

登壇では質疑応答のあとにゲストで
菅野美穂さんまで来て豪華のひとこと。

ジェイコブ君は日本来て釣りに行ったようです。
ブリ―ラーソンはとりあえずスーパーにいって
ポテトチップスと日本酒を買ったとのこと(笑)

寿司やゴマのアイスを
食べたいとかも言ってましたね。
日本は満喫できましたかね??

最後に

さていかがだったでしょうか?
個人的にはここ最近で
1番興奮したイベントでしたね。

ちなみにこれネットで応募しただけなんですけど
当たれば映画も見れて役者まで見れて
それでいてぜんぶ無料っていう
素晴らしいイベント。

当てるのが難しいんでしょうけどね(笑)
ただ応募したら当たるかもしれないですし
ぜひあなたもトライしてみてはいかがでしょうか??

それではまた!!

ペロンチュ真純