読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

一億二千万円!?百年たっても飲める水について調べてみた!!

f:id:peronchu-masumi:20160614214630j:plain

毎日おつかれさま!!
超どうでもいい系ブロガーのペロンチュ真純です。

さて本日はぼくの出身の石川県にある
現在も続く伝説の腐らない水
百年水について調べてみました。

能登半島の先端に位置する温泉旅館
「よしが浦温泉ランプの宿」
その地下から溢れる水が
どういうわけだか100年経っても腐らないそうで

ぼくは都市伝説について調べてたら
たどり着いたんですけど(笑)
とても興味を持ったので
今回はそんな百年水について調べてみました。

まずランプの宿とは??

f:id:peronchu-masumi:20160614221005j:plain

創業は天正7年(1579年)
なんと織田信長の時代まで遡る
由緒ある旅館がこのランプの宿です。

海辺ぎりぎりに建つ奥能登先端にある秘湯で
館内には約50個のランプが幻想的で
ロマンチックな旅館と今も人気の旅館です。

現オーナーは14代目ということ。
この百年水の持ち主になります。

ランプの宿は日本の3大パワースポット
特にここは大地の気と暖流の気と
寒流の気が融合する「聖域の岬」と言われてます。

ざっくりいうと
海の暖流と寒流がぶつかる場所で
そして空中の気流もぶつかる
世界でも貴重な場所
自然界の気が溢れるパワースポットなのです。

もともと人間の身体も
ほとんどが水で構成されてます。
身体のなかの水分が清らかになる
アンチエイジング効果のある場所ということで
話題のスポットなんだそうです。

百年水とはなんぞや??

f:id:peronchu-masumi:20160614220654j:plain

※1889年に採取された鉱泉(ミネラルウオーター)
石川県能登北部保健所認定。

1889年に採取された水は
現在確認されてる水の中では
もっとも長持ちする水と言われてます。

ぼくは自販機のドライバーアシスタントの
経験があるのでわかりますが
市販で売られてる水でも賞味期限があります。

たとえば冷蔵庫で保管していただけでも
雑菌などの繁殖によって
1カ月もすれば腐るといわれてます。

ちなみに世界では
キリストのルルドの聖水と呼ばれる
奇跡を起こす水というものがありましたが
その水は最高で10年ほど飲めたようです。

それなのに百年水は今も飲める。
とんでもない水だとは思いませんか??

長持ちする理由は謎

f:id:peronchu-masumi:20160614222413j:plain

画像を見てもらうとわかりますが
ビンの底で七色に輝く白い光の膜は
カルシウム・カリウム等の成分が
分解して沈殿したものです。

普通はこうなる前に腐ってしまうんですが
ただ現在もこの水は存在するわけで
なぜ100年以上も腐らないのか
現在も謎のままであるということ。

現代の神秘ですね。

f:id:peronchu-masumi:20160614222928j:plain

百年以上前の水の宝石の輝き
「聖域の水」百年水は
世界一高価な鉱泉で価格は

1億2,000万円!?

水の宝石と呼ばれるのも
うなずけるほど画像でもキレイな水ですね。
なんの不純物も混じらない水が
自然に湧き出てるとか不思議ですよね。

これでカップラーメンとか作ったら
どうなるんでしょうね(笑)

最後に

さていかがだったでしょうか??

自分の地元ながらこんな水があるなんて
つい最近まで知りませんでした。
世の中の神秘って意外と身近にあるんですね。

しかし調べてたらランプの宿にも
興味が出てきました。
ちょっと泊まってみたいですね。

なかなか人気の宿で
6月の空き状況確認しましたけど
平日も含めてもうほとんど
いっぱいになってましたね。

誰か行った人は
感想でも教えてくださいね。
ぼくもそのうちいってみようと思います。
それではまた

ペロンチュ真純