読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

【秘密】仕事が決まらないあなたへ!!良い仕事の見つけ方!?

会社人向け

f:id:peronchu-masumi:20160619210350j:plain

毎日おつかれさま!!
超どうでもいい系ブロガーのペロンチュ真純です。

さて今回のタイトルにつられて
このページにきた人は
まず間違いなく危険です(笑)

良い仕事の見つけ方
そんなもんはありません。

検索でたどり着いた人も
こんなワードで検索してる時点で
ダメな人認定ですから!!
はっきりいってそれは認識してください。

あくまで自覚したうえで
このあとのページを見て頂けると
心には響くんじゃないかなと。

今回はそんな自堕落なあなたに向けて
ネオフリーターだった経験と
派遣コーディネーターという立場から
仕事探しのポイントをまとめたいと思います。

普通に仕事を探すな

f:id:peronchu-masumi:20160619221002j:plain

先にお伝えすると
ぼくは低学歴28歳
おまけにアルバイトのみの職歴

そんなフリーターでも頭を使えば
正社員で年収400万程度なら
わりとあっさりなれるわけです。

ぼくは社会人経験が少なかったので
そもそも世の中にどんな仕事があるのか
まったく知らなかったわけです。

ちなみにぼくの仕事経験は
コチラにまとめてあります。

www.peronchu.jp

正直とても正攻法で仕事探しました。
ハローワークにいったりもしましたし
求人誌も死ぬほど見まくりましたし
昔の仕事の経験を生かして魚屋一本で
就活してた時期もありました。

まあ魚屋は決まりましたけど
やりたいなって思う仕事は
まったく決まりません。

コレって当たり前なんですよ。
良い条件であればあるほど
他人も興味を持ちやすくなるので
競争率との闘いになるわけです。

そうなったときに企業側も
比較対象として職歴や学歴で
判断するしかなくなってしまうのです。

そこでぼくは考えました。
求人サイトに出てる求人以外の求人だって
世の中にはたくさんあるだろと。

ぶっちゃけ自分でもやりたくないって
感じる仕事は他の人もやりたくない。

それならエリアだったり
内容だったりよく知らないのに
敬遠してる仕事も世の中にはあります。

あまり人が探さないキーワードで
探そうとしたりすると
あっさりキマったんですね。

今派遣業界でもそうですけど
売り手市場と呼ばれるくらい
仕事が供給過多の状況です。

あなたが選ぶ立場に
なれる時代なんです。

その中でも自分がどこなら
選ばれる環境なのか
市場価値を分析してみるのが一番大事です。

条件は条件でしかない

f:id:peronchu-masumi:20160619223007j:plain

ぶっちゃけ条件だけで仕事探してて
迷走してる人ってほんと多いんですね。
条件ってそもそも仕事じゃないですからね。

ぼくは今やってる仕事がとても楽しいです。
でもその楽しさって人間関係であったり
入ってからわかることの方が多い。

人事の人とあって職場を案内されて
それだけでは良いかどうかなんて
まあわからないわけです。

じゃあどうやったら
事前に良い仕事か分かるんでしょうか??

いいから一回やってみたらいいんです。
仕事があわなくても
人間関係が素晴らしければ
仕事を覚えたあとで
好きになることだってある。

それでその仕事や職場環境が合わなければ
その仕事や近い環境を外す。
たったそれだけのことなんです。

たとえば営業って仕事。

言葉とイメージだけで
敬遠してる人いますけど

やったことないのに自分に合わない
ってなんでわかるんですか??

自由にできるフリーランスですら
営業って仕事は含まれるんですよね。

ぼくらは失敗を怖がり過ぎる。
ラクをしようと思わない。
いいから試して見たらいいんです。

楽しみは自分で作れ

f:id:peronchu-masumi:20160619230528j:plain

良い仕事って条件でもなければ
人間関係だけでもない。
イヤな上司がいるかとか
仕事が難しいかどうかとか
そんなのどれも一部でしかないんです。

これはぼくの持論ですが
仕事の楽しみは自分で作るしかない。
仕事のやりがいも自分で作るんです。

それはべつに仕事の中でなく
外でもいいわけです。

ぼく今の仕事好きですけど
それは仕事以外にやりたいことが
あったりするからです。
このコラムでもそうですし
他にもまあいろいろやってます。

飽きっぽい性格なので
ハマらなければすぐにやめますけど
でも気になったらとりあえず
トライしていくことで
楽しいが日常にいっぱいある。

たったそれだけでも
仕事のやりがいにもなるし
仕事だけに集中するのもいいし
それは人それぞれでいいわけです。

良い仕事って楽しみを
どれだけ自分で作るかかなと。
夢中になって気付いたら
良い仕事になってたって
それは最初の数日じゃ
絶対にわからないと思うわけです。

あきらかにここじゃない
って場所はすぐ変えればいい。
ただよくするのもわるくするのも
自分次第だからその為に考えて考えて
いっぱい頭を使って環境を楽しむ

きっかけを作れるほうがいい。
そういう習慣作りが大事だと思います。

最後に

さていかがだったでしょうか??

正直、イメージで先行して
仕事を探してる人が多いわけです。

ぼくは電話がニガテで
仕事場でも電話とるのすごいイヤ
たとえば日常でもご飯の予約とるのとか
もうほんと嫌で(笑)

でも慣れてしまえば
どうってないことばかりで

今じゃ電話とるのも電話するのも
何の苦もなくできます。

結局経験しなければ
その殻の中のイメージでしか
ものごとが考えられないわけです。

データ入力や電話対応なし
ライティングの仕事。
競争率も高いから単価も低い。
需要と供給のバランスに
目がいくかどうかです。

良い仕事見つけて下さいね。
それではまた。

ペロンチュ真純