オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

【考察】スタビ!?ペアーズ!?出会い系の歴史について調べてみた!!

f:id:peronchu-masumi:20160706052822j:plain

毎日おつかれさま!!
超どうでもいい系ブロガーのペロンチュ真純です。

突然ですがみなさん
出会い系って利用したことはありますか??

おそらく誰でも一度くらいは
利用したことがあるんじゃないでしょうか。
ぼくも過去には利用したことがあります。

ケータイ全盛期のときの
スタービーチ(通称スタビ)とか懐かしいですね。
ぼくの田舎は「ど」がつくほど田舎でしたけど
それでも出会えるくらい
メル友が誰でもいた時代でしたね。

いまだと人気なのはFacebookから認証の
pairs(ペアーズ)とかですかね。

本気になったり会ったら印象と違ったり
なかなか難しい出会い系ですが
それでもここまで人気になるには理由がある!!
ってことで今回はその歴史について調べてみました。

まずはじめに

じつはネットで「出会い系」「歴史」
ってキーワードを調べたら
けっこういくつかサイトが出てきました。

ただどのサイトも
アフィリエイトっぽかったので
最終的にハッピーメールとか
サイトの宣伝に繋がるものが多いです

引用サイトのリンクは貼りますが
その辺だけご注意いただけると幸いです。

ちなみに当サイトは
純粋に興味だけで歴史をまとめただけです。

それではどうぞ!!

元祖出会い系はテレクラ

f:id:peronchu-masumi:20160706055557j:plain

調べていくと気が付いたのは
出会い系というのはそもそも
ここ20年くらいの文化であるということ。

その中でもおそらく原点に
なり得そうなのは80年代に流行った
このテレフォン倶楽部(通称テレクラ)でしょうね。
画像のようにお馴染みの黄色い看板は
いまでも池袋などに堂々と残ってます。

電話を通じて出会いを求める男女。

今やスマホ時代。
減少傾向にありそうなのに
それでも根強く残ってることを思えば
確かなファンがいるという点と
そのスピードと確実性が魅力なのかもしれませんね

それまで出会い系という
価値観がなかった時代には
革命的な発想だったでしょうね。

オフ会からベル友

f:id:peronchu-masumi:20160706060935j:plain

※ここからは出会い系の歴史
出会い系!スマホアプリ時代までの歴史年表! - ワクワクメールアプリで出会う!
の記事を参考にしました。

まだPCが流行していない
90年代に差し掛かったころ
趣味を共有する交流ページとして
個人で開設されたメンバー許可制の
BBSが活用され出します。

ここから今でもお馴染みの
オフ会という言葉が生まれました。
ネット出会いの原点でしょうね。

そしてそこから90年代中期から後期にかけて
画像のようなポケベルが流行り出します。

ビジネスマンや女子高生を中心に普及し
俗に云う「ベル友」という言葉が生まれました。
メル友の前身と言えるでしょうね。

ちなみに31歳のぼくは微妙に
ポケベルを通ってない世代です(笑)

Windowsの登場とケータイ時代へ

f:id:peronchu-masumi:20160706061931j:plain

そして90年代中期から後期にかけて
まずWindows95というOSの登場で
PCが一般的になりだします。

そこからインターネットが流行り出すことで
誰でもカンタンに見ることができる
ホームページが注目されます。

全く見知らぬ男女が容易に
出会いのきっかけが作れる掲示板や
チャットを設置するWEBサイトが登場。

99年になり遂に携帯電話で
インターネットが閲覧出来るi-modeが登場。

需要のあった出会い系WEBサイトの
携帯版が開設されだして
当時まだ高価だったPCを所有していない人でも
誰でも気軽に楽しめる様になっていきます。

ちなみにぼくは当時Windows95
新しいゲーム機かなにかだと思ってました(笑)

スタービーチの登場

f:id:peronchu-masumi:20160706062927j:plain

2000年からはケータイの普及が
さらに加速し1人1台ケータイを持つ時代へ。
学生でも気軽にケータイ持ってましたね。

気軽に友達を作れることが
爆発的な人気を呼びいわゆる
第二次出会い系ブームに。

この頃はメル友が誰でもいた時代です。
ケータイで自撮りも可能になり
出会い系はさらに加速しました。

冒頭でも説明したスタビが
流行り出すのがちょうどこのころです。

当時の新規出会い系サイト開設数は
年間2000件以上とも言われていました。
中でも爆発的にネット出会いを普及させたのが
スタービーチ」という無料掲示板です。
そのシンプルな構成や完全に無料ということで
圧倒的なアクセス数を誇りました。
引用出会い系の歴史をご紹介

ただしこうした出会い系の普及は
サクラの問題、援助交際スパムメール
次々と社会問題になっていきました。

このあたりから世間的な印象ってのは
かなり悪くなっていきましたよね。
ぼくの知人でも出会い系のサクラの
アルバイトをしてるやつなんかもいました。

結果として出会い系は
「気軽にメル友を作れる場所」
から
「出会い系は犯罪の温床」

と世間の評価が変化しだします。

SNSの登場と法律の規制

f:id:peronchu-masumi:20160706064623j:plain

2003年に施行された
出会い系サイト規制法が改正され

利用者の年齢確認等ますます厳しくなります。

さらに2008年から出会い系業界は冬の時代へ突入。
サクラばかりで構成された
「偽出会い系サイト」を運営する
事業者が摘発される事案も
見かける様になりました

この辺りから古くから運営を続けている
出会い系事業者は方針を変えて
SNS的な機能を取り入れることで
今までの1対1のやりとりではなく
1対大勢の出会いの場を作るサイトが一般的になります。

mixiなどのSNSが流行ってたころですが
mixiですら出会いに活用しようとする
人がけっこういましたね。
女性のアカウントや画像を見つけると
とりあえずメッセ送るみたいな。

どうしても男女ともに需要があるからこそ
こういった現象が起きてしまうんでしょうね。

スマホの登場!!

f:id:peronchu-masumi:20160706064050j:plain

そして2010年以降はスマホが登場します。
ガラケーはいっき下火になり
出会い系はアプリへと移行。
現在でもアプリやSNS
利用した出会いが主流ですよね。

今流行りのペアーズなど
Facebook認証で登録もカンタンなうえに
なおかつ安全性を高めてく方向性になりました。

連絡方法にも変化が出始めて
今までのメールで連絡から
LINEなどのメッセージアプリでの連絡へ。

直接会話するよりも
文章でのやりとりが増えて
そういった意味でも手軽さはマシましたね。
時代の変化がそのままやりとりの変化にも繋がってます。

最後に

さていかがだったでしょうか??

出会い系が流行る理由ってことは
それだけ出会いを求めてる人がいる
これ単純にすごいなと思います。

ぼくはスタビ以降
正直ほぼ出会い系は通ってないんですけど

今回こうして歴史をまとめたことで
時代の変化がストレートに影響される業界だなと。
これからもどんどん変わってくんでしょうね。

またこんな感じでまとめますね。
それではまた!!

ペロンチュ真純