読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

【考察】田舎はセックスする場所が圧倒的に少ない問題を考える

f:id:peronchu-masumi:20160723083705j:plain

毎日おつかれさま!!
超どうでもいい系ブロガーのペロンチュ真純です。

さて本日は田舎はセックスする場所が
圧倒的に少ない問題について

真剣に考えてみようかと思います。

そもそもぼく自身
東京で暮らす前は地方にいて
地方の中でもコンビニまで車で20分かかるような
それくらいの場所に住んでおりました。

まあ当時は不便に思ってませんでしたし
暮らしやすかったですし今も田舎は好きですね。

ただ1つ難点があるのが
セックス問題です

こればかりは完全に頭を悩ませておりました。
今回はそんなセックスする場所問題についてまとめます。

どれくらい場所が少ないのか

田舎は土地があって家賃も物価も安いんでしょ??
なんてカンタンに言われがちですが

ちょうど地方移住について
いろいろと動いてるなかで
あらためてわかったことは
ぼくが住んでたくらいの田舎には
賃貸物件が少なく一軒家が圧倒的に多いわけです。

ということは一人暮らしの人がいない。
実家暮らしの人がほとんどということ。

つまり土地はあっても
場所はない問題というのに

直面することになるわけです。

そして移住に限らずこの問題は
学生から20代くらいまでの若年層に
おもいっきり突き刺さる問題でもあったりします。

思春期真っ只中
いい年齢になった若い男女が恋愛をすれば
いずれはセックスするのは当たり前のことです。
だって生物としての本能ですからね。

おまけにそんなわが地元ですが
ラブホテルはありますが
いかんせん入りづらい。

プレハブみたいなやつだったり
崩れ落ちそうな古いやつだったり
とにかくイメージが悪い。
そして数も少ない。

ただ一番邪魔するのは田舎特有のネットワークを
みんながちゃんと理解してしまってる点なんですよね。

田舎って車をみるだけで
探偵のコナン君もびっくりするほど
見事な的中率で○○さんの車だ!!
とか言い当てることができます。

常に監視じゃないですけど
見られてるような錯覚を覚えるわけです。
これをあんまり気にしない人は
はやく結婚をする人でしょうけどね。

その結果どうなったか

ぼく自身、学生時代はいたす場所がなく
基本的には自分の部屋を使ってましたが
母親が「○○ちゃん帰るとき髪ぼさぼさだよ」
とか笑いながら平気でいってくるような家だったので
ほんと思春期には絶望しかなかったです。

ただ我が家は一人っ子的なとこもあったので
まだ部屋に呼べるだけマシなわけです。
これが実家に住んでる彼女の家だとしたらどうでしょう??

気まずいですよね…。

というかそもそも兄弟とかいようものなら
それだけで選択肢が狭まります。
場合によっては同室なケースもありますしね。

実家や部屋ってのは
あくまで誰もいないタイミングで
っていうのが当たり前になるわけです。

その結果モラルハザードが起こります。
車の免許をとったら動くラブホテルかのごとく
カーセックスを嗜む人が増えます。

だって人が全然来ないような場所は
とにかくいっぱいありますからね。
土地はあるんです。
個人でいたす場所が少ないだけで…。

ただいえることとしては
まだ車もってればマシですよ。

免許もない若者のなかには
人がいないのをいいことに
野外でいたすツワモノが出てきます。
バイトとかもなかなかできないので
お金もあんまりないですしね。

ちなみにかなりの高確率で
野外セックスの経験がある人は
地方に住んでた人だと思いますよ。

学校でいたすような人もいれば
砂浜でするような人もいますし
駅の待合室が無人なのでそこでする人もいましたし
城山のような大きな公園でする人もいますし
幼稚園の屋上なんてツワモノも…。

カラオケとか満喫とか
AVに出てきそうなシチュエーションですけど
そういう完全個室的なのはあるにはありますが
ほぼ無いのと同義なんですよね…残念ながら…。

とにかく田舎の若者の
セックスする場所すくない問題は
ものすごーく深刻なのです。

じゃあどうすればいいのか

正直この答えは出ておりませんが…

単純に人に娯楽を提供できるような
集まりやすい公共のスペース+個室
というような場所がふえればいいのかなと思います。

それこそ法律的なものが絡むので
満喫での完全個室は難しいでしょうけど

民泊マッチングでお馴染みのAirbnbにならって
低単価で休憩ができるゲーム部屋みたいなのとか。

今でいうとVR元年と言われる2016年だからこそ
バーチャルリアリティの体験部屋を
あえて田舎ではじめるとか。

そこはちゃんと普通の部屋を
時間で一室貸し出すカタチで
娯楽の時間とベットもおいてあって
ゲームで疲れても寝ることも出来るよー的な。

まあそこでスーファミとか置いちゃうと
ただのラブホテルになっちゃうので(笑)

最新のものを楽しんだあとに
ゆったりできるスペースとして
提供できるような場所が複数あると
いきやすいのかなーと思ったりします。

オンラインゲームを
外でやるようなイメージとかかな。
いまちょうどポケモンGOも流行りだしたわけですし。

まあこれはあくまで自分の妄想ですが
セックスも出来ちゃうっていうのが
あくまで二次的な目的になるような

スペースを増やすコンテンツを考えることができれば

地方や地域活性にも繋がり
ぶっちゃけ少子高齢化社会に
一石投じれるわけですからね。
なんなら雇用も生まれますか。

まあ法も絡むとは思うので勉強も必要ですけどね。

最後に

さていかがだったでしょうか??

今日は完全に思ったことを
つらつらと書いてみたんですが
地方移住を考えるにあたって
ぱっと思い出したのが
この学生時代のセックスする場所問題。

自分が学生時代ほんとにつらかったんですよね。
今でこそ別の選択肢もありますけど
実家が近くにあって賃貸物件もなければ
そりゃ一人暮らしなんてしないわけです。

ぼくだって移住で調べても賃貸ないので
申請したのは町営住宅ですからね。
それくらい田舎で部屋を借りるのって
ハードルが高いわけです。

そのハードルより低く
きたないラブホテルにいくよりも安くキレイで
カンタンに休めるような場所があればいいな。

そういう二次的コンテンツなるものが
何か作れないかなと思ったって
それが書きたくて書いたようなもんです(笑)

また思い浮かんだら
さらに踏み込んで書いてみますね。

ほんならね!!

ペロンチュ真純