オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

【自由】コンクリートジャングルを抜け出せ!?東京→石川移住物語!!

f:id:peronchu-masumi:20160731103037j:plain

毎日おつかれさま!!
超どうでもいい系ブロガーのペロンチュ真純です。

さて本日は32歳のバースデーということで
いっさいのエロ無しリアルブログとなります。

東京という都会の
コンクリートジャングルにきてはや14年。
今じゃ東京がふるさとなんじゃないかと
錯覚してしまいそうになるほど住みましたが
この度わたくしペロンチュは東京を卒業します!!

昨年読んだイケダハヤトさんの著書に
かなりインスパイアされまして
田舎帰りを構想してから一年…

ようやく家も決まり仕事の退職も決まり
すべての段取りをクリアすることができまして
田舎暮らしへと踏み出すことができます。

メルマガでも経過はお伝えしていたんですが
あらためてここまでやってきたことや
地方移住に関して思う事をまとめたいと思います。

地方移住にあたって

f:id:peronchu-masumi:20160731104038j:plain

今までも移住に関しては
ちょこちょこと記事にしておりました。

www.peronchu.jp

www.peronchu.jp

ぼくは東京の会社員。
内勤とはいえ朝7時には家を出て
夜の21時に帰ってくるのが基本でした。

にっくきみなし残業という制度のせいで
20時までが定時みたいなもんなんです。

もちろん空いた時間で
都会を楽しんだりはしてましたよ??

ビジネスの勉強もそうだしセミナーいったり
堀江貴文さんのサロンも入ってましたし
学ぶことに関してはかなり貪欲に飛び込んだり
おもしろいを探して見つけては当然してきました。

その中でむかしやってた
音楽をちょこっと再開したり
ブログでの情報発信をしたり
動きをつけていく中で思ったんですよね。

これ都会じゃなくても出来るんじゃね??って

そもそもぼくが今やってる仕事も
別に地方でだってできるじゃん!!
と思うようになりました。

スマホやPCがあればじつは仕事なんて
どこでもできることなんだと気付いたことが
ぼくにとっては大きかったんですよね。

まあぼくはPCとスマホだけで
世界を旅するような
ノマド民にはなる気ゼロなんで
べつにまた会社員やったりもしますけど

前だったら普通であった考え方で
都会にいなきゃプロになれないとか
都会じゃないから仕事がないとか

そういう言葉に洗脳されてたんでしょうね。

だって東京来てから14年。
常識がカタチを変えるには充分な時間でしょう。
当時の常識は今じゃ常識じゃなくなった
ただそれだけのことだったんです。

地方移住の難しさ

f:id:peronchu-masumi:20160731105355j:plain

そんなこんなでアクションを取ったことで
地方移住って難しいな。心折れそうだな。
って思うことはぶっちゃけ山ほどありました。

というのもネットの情報だけでは
わからないことが多すぎるからです。

たとえば地方移住にあたって
都内にもある移住相談センターやら
行きたい地方にある役場の移住促進課やら
いろいろといって相談とかしましたけど
正直いってほぼ無意味ですね。

というのも時間間隔が違うというか
レスポンスが遅いんですね。
おまけに聴きたいことを聴くまでの
情報が右往左往する。

人間力は高いというか
親身にはなってくれるのですが
親身になるだけで
話が何も具体的に進まないわけです。

もうこれには悩まされました。
結果として自分で勝手に決めて
ガンガンやってくことしかないです。

ただここを頼らざるを得ないポイントが
1つだけあって地方移住で一番悩んだのは
仕事ではなくずばり家です。

地方には賃貸がそもそもないのです。
賃貸はあってもすぐ埋まるので情報がでない。
不動産屋もないので
情報は役場の公開情報のみ。

確かに売買の空き物件はあります。
民宿くずれの10部屋あるような一軒家が
金額にして200万とかザラです。

ただその理由もあって水回りとか
トイレが汲み取り式だったり
古いので修繕が必須なんです。
もちろん地方だと一部修繕費も出たりするのですが
時間もかかるし現地の確認もなかなかしずらいわけです。

そこでぼくが探したのは町営住宅です。

町営住宅の手続きの難しさ

f:id:peronchu-masumi:20160731110552j:plain

ようは町で運営してる物件ですね。 このあたりの情報提供だけはスピード感がありました。

町営住宅って
収入が低い人向けに建ててあるんですが
これから住む人口7,000人ほどの町でも
ぽつぽつ空いてたりするので
都会での収入との差があっても
問題なく借りることが出来ました。

ただ申請を出すにあたっては
ほんとうにめんどうで
まずここの町営住宅は
毎月1~15日まで募集を行って
締め切りのあとに候補者で抽選という仕組みなんです。

なので一回逃すと
挑戦するのが一カ月後になります。

つまり人気物件はなかなか大変です。
おまけに申請書類にはその町に住んでいて
なおかつ申請者と年収が近い人の保証人が必要なんです。

都会でいうCASAとか
そういう家賃保障代行みたいな仕組みがないので
保証人がしっかり必要なわけです。

ぼくはたまたま知り合いがいたので
その方にお願いしましたが
ゼロからの移住はここが大変ですし
その方の収入関係の書類や納税証明書
印鑑証明に実印など
いろいろと手間がたくさんあります。

おまけに通過してからも
書類がたくさん届くので
とにかくめんどくさい(笑)

まあその壁を乗り越えた結果
無事に家も決まり今ではほっとしてます。
今まで都会の1Rにいたのに今度の部屋は
家賃が半額で広さは3DK!!
…モノどうやって置こうか悩みます(笑)

仕事や引っ越しに関して

仕事はお金と収入のバランスによりますけど
基本的には農業、旅館やお店などの接客
パチンコ屋、土木、介護とかそういう系が多いです。

まあ正直少ない収入ですけど
多くを求めなければぶっちゃけ仕事は
いっぱい出てますね。

仕事に関してはその人次第なとこがあるので
食べていけないなんてことはないと思います。

あとは東京→石川の引っ越しは
かなりいい金額がかかります。

五社見積もりだして
10万~20万とかなり幅があるので
引っ越し業者選びもご注意を。

値切るだけ値切って9万円代でお願いしました。
対応もよかったのでハート引っ越しセンターです。
人の印象って大事ですよね。

最後に

さていかがだったでしょうか??

ずっとマジメ系エロブログだったので
突然びっくりさせてしまって申し訳ありません。
ちょっと移住の体験をまとめたかったので
一回脱線させた記事にしました。

地方移住はとにかく大変でしたが
今からがほんと楽しみで仕方ありません。
人生を楽しむためにこれからも頑張りますので
ぜひとも引き続き
応援よろしくお願いいたします。

ペロンチュ真純