読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

【書評】なぜ一流の男は精力が強いのか?を読んでみた!!

読書 マジメ系エロネタ 男にとって大事な話

 f:id:peronchu-masumi:20161010175537j:plain

毎日おつかれさま!!
超どうでもいい系ブロガーのペロンチュ真純です。

さて本日は男の人生を変えるビジネス書
「なぜ一流の男は精力が強いのか?」
読んだ感想をまとめてみました。

数年ほど前にぼくは悩んでいました。
中折れや肝心なときに勃たないという
男としての不甲斐なさに頭を抱えていました。

「自分が精力が強くないんだ」
といってしまえばそれだけです。

ですが男である以上
この問題はこれからの数十年の長い人生に関わる
と本気で思いたち

気付いたら手にしていました。

結果として精力は増え毎日朝立ちするような
まるで学生のころのような自分と
再会することが出来ました。
そんな実用書ともいうべき名著を今回はご紹介いたします。

精力絶倫とは??

f:id:peronchu-masumi:20161010182419j:plain

なぜ仕事ができないかというと、それはあなたが「精力が弱い」からでしょう

本の導入部に書いてあるフレーズ。
この言葉にぼくはグッと心を掴まれました。

なぜかというと当時のぼくは
インポテンツという現象に悩んでいた。

すると結果として
セックスという行為をしたくなくなり
月の回数も減り求められたら義務的にする

そんな最悪な男になっていたのです。

「セックスなんて身体を使ったオナニーでしょ??じゃあオナニーでいいじゃん。」

本気でこんなことを思ってました。

毎日も楽しくなく友だちの誘いも断り
家に帰れば疲れたという口ぐせ。

「このままでいいんだろうか??」

そんなときにこの本に出会ったのです。

そうした疲労感や倦怠感の原因は明白。それはあなたの「精力が弱い」からだ。「精力」というと、セックス方面の「活力」ばかりが強調されるが、本来は、「ものごとを成し遂げる力、スタミナ、活力」などの意味がある。

ただ「めんどくさい」「疲れた」を口癖に
インドア派を気取っていたぼくは
まるで頭をバットで殴られたような衝撃でした。

ちなみに「精力絶倫」という言葉は、「元気がよくて活動的なこと。行動力が人並みはずれて旺盛なこと。そのような人」ということである。

まさにぼくが求める一流の男のイメージ。
ページを開くだけでドキドキしました。

男性ホルモンのマネジメント??

f:id:peronchu-masumi:20161010184315j:plain

男性ホルモンを上げるのは、そう難しいことではない。

突然ですがぼくはローヤルゼリーと呼ばれる
一本数千円の原液に近いはちみつも飲んだし
たとえばバイアグラのようなものも使いました。
それでも中折れやインポテンツという現象になりました。

精力は年齢とともに下がる。

それは事実ではありますが間違いでもあります。
実は自分で精力を下げるような生活をしてただけ。

たとえば食生活。

ビジネスマンにとって御用達の缶コーヒー。
あなたは缶コーヒーを一日に何本飲みますか??

ちなみに缶コーヒーの砂糖によって
血糖値の乱効果が起こりますが
これは男性ホルモンの低下を誘発してます。
ビールを飲み過ぎても同様の効果があります。

さらにファーストフードや
添加物を多く含むコンビニ食は
知らず知らずのうちに男性ホルモンを下げているのです。

つまり男性ホルモンのマネジメントとは
食生活のマネジメントともいえるわけです。

「腹が満たされればなんでもいい」
この発想は危険だということを
この本は教えてくれます。

男性ホルモンが下がるとどうなる??

f:id:peronchu-masumi:20161010185948j:plain

「最近老けたね。」

なんて言われたり思われたりしたら危険。
男性ホルモン量が減れば
活力不足の老けた顔つきになる。

もともと男性ホルモンにはストレスに耐える
ストレス耐性を高める力もある。

男性ホルモンの低下は
更年期障害を引き落とすことも。

さらに男性ホルモンが低下していると
メタボになりやすいという弊害もある。

男性ホルモンの低い男性は、メタボのリスクがそうでない人の3倍高い。

おまけに男性ホルモンが減ると
血中脂肪や内臓脂肪が増える相関関係が
はっきりと存在してるのである。

ホルモン力の低下で「うつと似た症状が出る」ことは意外と知られていない。

ホルモンの低下は不安やイライラ
やる気がなくなったり不眠や
集中力、記憶力、精力の減退になって表れる。

しかも男性ホルモンの低下が原因になった
メンタルの不調にはなんと抗うつ剤は効かない。

薬の副作用だけ増えて
さらに悪循環に陥りやすいという
最悪なケースにたどり着くことも。

自己啓発セミナーに通うより、男性ホルモンを上げたほうがうまくいく。

ここまで読んでくれたあなたには
男性ホルモンの重要性は伝わるだろう。

男性ホルモン値を上げる15ヶ条

f:id:peronchu-masumi:20161010185655j:plain

ということで今回のテーマで
一番重要な男性ホルモンを増やすための
15ヶ条を取り上げたいと思う。

1.食にこだわれ。忙しくても食をおろそかにするな。
2.ニンニク、ネギ、玉ねぎ…臭い野菜が男を救う
3.赤身魚(マグロ、カツオ)を意識的にとれ
4.家族や恋人の前で男の晴れ舞台を作れ
5.ポジティブなストレス解消を心がけろ
6.休日と言えど起床時間を遅らせるな
7.朝活を大事にしろ
8.生活の中に運動を取り入れろ
9.孤独を恐れるな
10.オン、オフを切り替えろ
11.根拠がなくても希望をもて
12.スポーツ観戦で興奮しろ
13.常に自分を勝者だと思え
14.ときめきを忘れるな
15.いくつになってもエロくあれ

亜鉛セレン
テストステロンやジヒドロテストステロンなど
さらに細かい性欲&男性ホルモンアップの方法については

www.peronchu.jp

www.peronchu.jp

これらの記事でも取り上げています。

総評

結論からいうとぼくの精力は回復した。

ぼくはこの本に書いてあることを
すべて試したし生活のなかに取り入れて
今も実践していることばかりである。

オンラインゲームを1年3000時間費やすほど
インドア派だったぼくもそれからは
アクティブに外へ出て遊びにいったり
面白そうだなと感じたことは
何にでも興味を持つようになり
すぐ飛びつくようにしている。

「休みの日だから家にいる」
という発想は今では180度変わり
「休みの日だから外へ行く」
そう心がけるようにもなった。

付き合う人も変わり思い切って
地方移住までするほど人生が変わった。

この本を読んでから朝勃ちをすると
いつもうれしくて仕方なくなる。

いいことばかりが起こるようになる。
というよりも小さいことが
全然気にならなくなっただけかもしれない。

この本は読んで実際に試してみることで
人生が変わるステキな本だと思う。

精力が増えたって相手がいないよ!!
とかそういうことを考えずに
とりあえずやってみる。
そういう行動力があなたの人生を変えるはずです。

最後に

さていかがだったでしょうか??

今回はちょっと文体を変えてみました。
ぼく自身この本を読んだのは
今から3年ほど前ですが大事にしてる本で
擦り切れるほど読みましたし
この金額でこれだけの効果があるかと思うと
随分とコスパのいい買い物だったなと。

あんまり悩むこともなくなりました。
ちょっとでも思い当たることがあれば
騙されたと思って読んでみてもいいし
笑い話程度に読んだっていいと思います。

きっとそのくらいの気楽さが
あなたの人生を変えるかもしれません。

それではまた!!

ペロンチュ真純