読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

【エロ】性の近未来を語る??AERA(アエラ)SEX特集を読んでみた

f:id:peronchu-masumi:20161021055550j:plain

毎日おつかれさま!!
超どうでもいい系ブロガーのペロンチュ真純です。

さて本日は2016年10月に発売されました
AERA(アエラ)のSEX特集についてです。

「セックスは好き。だけど、できない」

印象的なキャッチフレーズからはじまる本誌は
日本人とセックスの関係性を生々しく紹介してます。

ちなみにSEXをテーマにした特集記事は
年々増えてきたような気がします。

www.peronchu.jp

性欲は食欲、睡眠欲と同じ三大欲求と呼ばれるもの。
ご飯を食べる、睡眠をとる。
それらとまったく変わらない身近なものです。

今回はそんなSEXについて
AERAの特集記事をまとめてみました。

AERAってどんな雑誌??

f:id:peronchu-masumi:20161021060521j:plain

そもそもAERAってどんな雑誌??
ウィキペディア先生に尋ねてみたところ…

1988年(昭和63年)5月、同年の5月24日号として創刊。

けっこう古い!?歴史ある雑誌なんですね。

AERA」とはラテン語で「時代」の意と、「Asahi shimbun Extra Research and Analysis」の太字部分を合成したものの意。

なんかちょっと後付けっぽくないですか(笑)

ただ目指しているのは
「日本初の本格的ニュース週刊紙」
とのこと。

ではその本格的ニュース週刊誌が
なぜ今セックスを特集するのか。

背景はセックス離れの社会問題化

f:id:peronchu-masumi:20161021060525j:plain

今秋、政府による驚きの調査結果が発表された。未婚者(18~34歳)の6割近くに「交際相手がいない」というのだ。

若者のSEX離れは問題視されている。

ただこの発表だけではわからない
本当の日本人のセックスについて
ニュース誌として調査をしてみた
というのが
今回の特集記事の本質のようです。

パートナーのいる20~60までの幅広い年齢層を
対象にアンケートをとってます。
質問内容は様々で

  • 初体験の年齢は??
  • これまでの経験人数は??
  • 働き方は??
  • SEXは何分??
  • 一週間に何回??
  • SEXは好き??
  • 不倫の経験は??
  • パートナーに性的魅力は??
  • パートナーとのSEXは満足??
  • 子供がいる時はどうしている??
  • マンネリ化の対処法は??
  • SEXでオーガズムを感じる??
  • 自慰行為はする??

などの質問。

正直にこれだけみたところ
ananのsex特集の方が生々しく感じます。

特に県民別で性生活の満足度を
勝手にランキングしたりするのは
かたよりと編集者のイメージが先行してる感じが強い。

1カ月のマスターベーション回数ランキング1位は秋田県

この回答は誰得なのか…面白さもないし…。

印象的な回答

f:id:peronchu-masumi:20161021062349j:plain

そんな質問の中でも特に印象的だったのは

20代女性「好き」六割

SEXが好きかどうか??

この質問に男性の66%が好きと答え
女性の33%が好きと答えたのですが…

20代女性だけにピックアップすると
60%が好きと答えたというのは衝撃でした。

これは日本人の淡泊さと草食化との溝が見えた瞬間です。

週6~7回の60代も

40代女性の4割が不倫を経験してる。
その結果だけならなんとなく納得する。
ドラマもマンガでも何度も取り上げられる
人気テーマでもあるし性欲のピークも違う。
女性は男性と違って性欲が30代から増えますしね。

ただ男性の不倫が多いのは50代以上。
この雑誌では「まさかのV字回復」と表現してますが
これは同じ男としてすごいと思います。

たとえばサラリーマンの生活は明らかに
性欲が減衰する生活リズムになります。

www.peronchu.jp

www.peronchu.jp

という記事でもまとめましたが
それをひっくり返すかのような回答だったからです。

勃起能力はないけど、まだセックスできる。男としての魅力を確認したいという気持ちも強く働くのです。

素晴らしい。
「精力=活力」
やっぱり大事なんですよね。

ちなみに不倫は推奨しません。

ただ海外の出会い系アプリでは
カップルや既婚者を対象にした
性に満たされてないパートナー同士を
マッチングさせるサイトが流行ってる
という記事もありました。

日本にはまだこないでしょうか性の多様化で
多くのことが受け入れられる時代も来るかもしれませんね。

VRセックス、カップル用バイブ…

f:id:peronchu-masumi:20161021062543j:plain

個人的にはここが一番面白かったです。

クラウドファンディングで
目標調達額1151%
という驚異の達成率で販売された
女性のためのバイブレーター「Eva」
全世界で4万台近い販売がされている。

これは女性用バイブというよりは
カップル用バイブというもので
ハンズフリーで使えるため
SEXの最中でも邪魔にならないのが特徴。

男性と女性の挿入中の快感のギャップを
埋めるために作られたものとのこと。

必要性の目の付け所がおもしろいなぁと。

あとは流行りのVRを利用したVRセックス
いわゆるバーチャルSEXについての記事。

男性の性器をかたどったPearl
筒状の男性用Onyxという2つの専用デバイスが
遠距離カップルのテレフォンSEXや
ポルノサイトを経由したバーチャルSEXを
現実のものにしようとしている。

おまけにセックスロボットRoxxxyというのもあって AIが搭載されて性格パターンなどを選べ
各言語にも対応するラブドールの進化版なんてものまで。

SEXの未来という意味では
どれも面白い世界だと思いました。

プロステーシスで必ず治る勃起障害

現在、勃起不全いわゆるEDの
対処法はバイアグラなどの治療薬。
または海綿体注射などがあります。

ただどれもすべての患者を満たすわけではなく
大体7割ほどの人にしか効果はないようなんですが

最終手段で手術するという方法も
表れてきたようです。

その名も
陰茎プロステーシス移植手術

簡単にいえばシリコンなどで出来た器具を
性器に埋め込むわけですが…

自在に折り曲げが可能で
70歳以上の高齢者でも手術可能。
ほぼ100%セックスが出来るようになるとのこと。

これも未来の話にはなりますが
勃起不全という病がなくなる
希望ある記事だとぼくは感じました。

最後に

さていかがだったでしょうか??

現代のセックスについて語るという意味では
ちょっとお粗末な内容には感じましたが
未来的な性という意味では魅力的な記事でした。

これからのセックス。
それはどういう世界になっていくんでしょうね??

ちなみにこのブログではお馴染みの
AV男優森林原人さんも一筆書いておられました。

www.peronchu.jp

身体のつながりよりも心の繋がりを大事にする。
繋がっていなくてもそれも大事なセックスだなと
思わされる良い記事でしたのでこちらもオススメです。

それではまた!!

ペロンチュ真純