オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

勃起抑制?オナ禁から学んだムラムラをコントロールする方法

f:id:peronchu-masumi:20161110053046p:plain

毎日おつかれさま!!
超どうでもいい系ブロガーのペロンチュ真純です。

さて本日は男なら誰でもある
どうしても抑えられないムラムラを
コントロールする方法
がテーマです。

というわけでみなさん
毎日ムラムラしていますか??

たとえば朝勃ちなんかもそうですが
自分でコントロールできないうえに
いざなると鎮めるのが大変ですよね。

…とりあえずトイレいくみたいな(笑)

こういうとき性欲が3大欲求と
呼ばれる理由を体感しますね。
男性はこういうとき自我と身体で戦争をしてます。

そんなまさに傍若無人なふるまいの
性欲をコントロールする方法はないのか?
今回は男の本能をテーマに調べてみました。

ムラムラするのは良いこと

f:id:peronchu-masumi:20161110055158j:plain

先にお伝えすると
ムラムラするのは良いことです。

というのもぼくは性欲が極端に減って
悩んだことがあるからです。

中折れなんか毎回のことで
フニャチンを無理やり叩き起こしこすりつけて
自分本位のセックスしかできない時期がありました。

バイアグラローヤルゼリーなども
試しましたが全然効かず…

すると次第にセックスが嫌いになります。
負のスパイラルで恋人とセックスレスになったり
日常生活にも支障が起きることに悩みました。

その結果、自分を改善するべく
食生活の改善や運動の取り入れダイエット
さらにはオナ禁に手を出すようになります。

www.peronchu.jp

すると一年後にはほぼ毎日朝勃ちするようになり
自信もつき毎日が楽しいものへと変わりました。

性欲を語るうえで重要な点として
性欲がないというのも問題なんです。

ネットにあるどうでもいい情報

f:id:peronchu-masumi:20161110060008j:plain

性欲を抑える方法やムラムラ抑制などで検索すると

  • 運動する
  • 睡眠不足を下げる
  • 趣味に没頭
  • ネットを遮断
  • ピュアな作品にハマる
  • 萎える画像を用意する

などほんとにどうでもいい情報ばかりでげんなりしました。

じゃあ皆さん経験があるような
授業中にエロいことを考えてたわけでもないのに
フル勃起してしまって戸惑ってるとき
黒板まで行かなきゃならないときどうするのか?

だれかの家に泊まってる最中に
フル勃起してヌくにヌけない状況でどうするのか?

そのヒントがオナ禁にあるんですね。

オナ禁から得た学び

f:id:peronchu-masumi:20161110060635j:plain

オナ禁とは性欲との戦いです。

たった3日で自分のなかの魔物と戦争が起こります。
1週間ガマンできればあとは楽になりますが
それが1カ月、3か月、半年…と続きます。

この間にヌいてしまえば終わり。
またカウントは0からになるのです。

そんな戦いの猛者たちは
どうやって1年以上もガマンすることができるのか?

まず性欲のルールとして
人は満腹になると性欲が抑えられます。

ただし肉などの動物性たんぱく質
とりすぎると逆にムラムラしてしまうのです。

オススメは大豆類。
とくに豆乳を飲むとイソフラボン
女性ホルモンに働きかけるので
少しずつ落ち着いてきます。

onakinsaiyajin.hatenadiary.jp

こちらのサイトでは抑制する食事として
大根、コーヒー、バナナ、ほうれん草、たけのこ、紅茶
なんかも取り上げられてますね。

日常的に取り入れる努力

あくまで突発的な衝動を
コントロールすることは難しい。

だからこそ日常生活のなかに
取り入れることで
(過剰摂取禁止!)
性欲をコントロールをするのが一番よいです。

たとえばぼくが試した方法は1日5分の瞑想

www.peronchu.jp

やり方なんかとくにありません。
無になって呼吸をゆっくり吸ってはく
それだけで頭のなかがクリアになって
とても穏やかになります。

性欲を抑えるというよりは
受け入れるという感覚が
一番いいのかもしれませんね。

最後に

さていかがだったでしょうか??

性欲に関していえることは無くても困るし
ありすぎても困るということです。

ただしないものをコントロールするのは
減らすことよりもとても大変です。
なのであくまで個人的には性欲を増やして
日常生活の習慣で調整する方法
をオススメしています。

www.peronchu.jp

性欲も大事ですが
まずは自分のコントロールから
はじめてみてはいかがでしょうか?

それではまた!!

ペロンチュ真純