読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

アダルトでこそ映える!スマホでみる縦動画がナマっぽくていい!

AVネタ

f:id:peronchu-masumi:20170102115506j:plain

毎日おつかれさま!
超どうでもいい系ブロガーのペロンチュ真純です。

さて本日はアダルトでこそ映える!
スマホでみる縦動画がナマっぽくていい!

をテーマに語っていこうと思います。

まずここ数年でネットで話題の縦動画を
みなさんはご存知でしょうか?

ぼくらがみている動画って
スマホを横にしながらみることが多いんですね。

youtubeやabemaTV、ニコニコ動画などを
イメージしてもらうとわかりやすいと思います。

そんななかあえてスマホを横にせず
ブログやメールを読むように
縦のまま動画をみる方がより自然なんじゃないか。
そんな仕組みの動画が増えてきたんですね。

さらに最近ではAVの世界で縦動画が
プロジェクトとして動き出してたりします。
今回はそんな縦動画についてまとめてみます。

見やすい!音が聴きやすい!

f:id:peronchu-masumi:20170102115736j:plain

なぜ縦動画が流行ったのか?
中の仕組みや背景はどうなっているのか?
そういった小難しい部分はコチラのサイトをご覧ください。

viibar.com

ぼくが紹介したいのは
縦動画の見やすさや使いやすさについてです。

縦動画はとにかく見やすいです。
というのもスマホを横にするという動作を
めんどくさいと感じてる人は意外と多いと思います。

たとえば動画は横にすれば横になる。
そういうセンサーがスマホにあるからですが
ロックをかけたり外したり寝ながらみるときとか
動かれるとちいさいことですけどイラッとします。
そういうめんどくささが解消されます。

横の動画は横が広いので奥行きなどが
見やすいのはわかるんですが
縦動画ですと上から下までがみえるので
距離感を出さなくてもその全体像が見やすい。

これはLINEの元社長森川さんがやられてる
女性向けファッションサイトなどで活きてます。
www.cchan.tv

ちなみに縦動画はyoutubeなどでも
みれるものもあって横動画とは全然違うおもしろさや遊びがあります。

とくに話題だったのは六人組のガールズ
HIP-HOPグループlyrical schoolの動画ですね。


RUN and RUN / lyrical school 【MV for Smartphone】

ただのリリックビデオでも見やすかったりします。


浅田信一「First Light」Lyric Video スマフォ用

スマホだとイヤホンがあれば関係ないですけど
外してるときに音が横から聞こえるのも
ちょっと聞きずらいんですよね。
そういうわずらわしさも縦動画では解消されます。

ナマっぽさがいい!縦動画プロジェクト

f:id:peronchu-masumi:20170102115750p:plain

そんな縦動画のおもしろさは
なんとAVでも使われるようになりました。
それがDMMさんで配信中の縦動画プロジェクトです。

www.dmm.com

はてなブログはアダルトリンクはれないので普通のサイトの方です。

個人的には縦動画の良さが活きるのは
圧倒的にAVだと思っていて
どこかリアルなんですよね。
臨場感というかよりハメ撮りっぽいというか。

リベンジポルノや流出モノが流行るのって
素人感と生々しさからきてると思うので
そういうのに手を出さなくてもナマっぽいです。

カメラが離れなくても全体が見やすかったり
みたいときにみたい場所がみれる。
まさにかゆいところに手が届くAVです。

視点も自分がみてるという感覚が強いので
新感覚のAVが縦動画プロジェクトです。

これがもっと人気がでていけば
女性向けAVというジャンルなんかにも
広がっていくかもしれませんね。

www.peronchu.jp

最後に

さていかがだったでしょうか?

けっこう縦動画って穴だったと思うんですよ。
スマホやサイトなどで対応はしていても
積極的に使おうと思ってる人が少ない。

もちろんSnapchatやMeerkat、Periscopeなど
有名なサイトもあるはあるんですけどね。
それでもまだまだ浸透しきってないです。
すくなくともぼくの周りでは。

だからこそおもしろいものが
これからどんどん生まれてくるコンテンツです。
とくにAVでは新しい名作や人気シリーズが出てくる可能性も高い。

せっかくなら良い作品がみたいでしょ?
それなら応援しましょう!
ということで縦動画プロジェクトを
ぜひともお試しくださいね。

それではまた!

ペロンチュ真純