読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

【絶望】バレンタインデーは一平ちゃんのチョコソース焼きそばでキマリ!

f:id:peronchu-masumi:20170111222145j:plain

毎日おつかれさま!
超どうでもいい系ブロガーのペロンチュ真純です。

さて2017年もあの季節がやってきました。

そうです。

バレンタインデーです!(白目)

学生はからっぽの机や下駄箱に絶望し
女子は義理チョコの出費に頭を悩ませ
リア充は幸せをかみしめる。

まさに運命の交差点ですね。

そんな悩ましい季節にピッタリの商品が出ました。

それがコチラです。

衝撃的ですね…。

もらった方としては
まず100%義理だということがわかり
ヘタすりゃもう二度と関わらないでくれ
という今生の別れ用のメッセージみたいな。

本命だとしたら彼女の料理が下手で
塩と砂糖を間違えた料理を
いかに美味しく食べれるかという
彼氏の演技力が問われる瞬間に似ています。

ちなみにネットで探せば
このチョコ焼きそばがどれだけマズイのか
それだけに特化したブログが
山ほど出てくるようにその注目度は高いです。

今回はそんな一平ちゃんチョコソース焼きそばについてです。

なぜこんなものを作ってしまったのか

さてこんな記事をみつけました。

nlab.itmedia.co.jp

なんでこんなもの
チョコソース焼きそばを作ったのかを
制作者に聞きに行くという記事なんですが

そこには衝撃的なコメントが…

(昨年の売れ行きは?)はっきりいって、弊社の想定を超える好調な販売実績でした。「チョコソース」は想定のおよそ3倍、「ショートケーキ味」は約1.3倍の販売数量でした。

まじっすか…。

でも想定の3倍ってモヤっとする数字ですよね?
当社比2倍みたいな消費者を惑わす作戦か!(笑)

食べた人からの感想に関して

非常に賛否を呼んでいる商品のため、おいしい、まずい両方の意見をいただいております。弊社としてはおいしいやまずいといった領域を超える新しい味覚の世界を提案したいので、賛否どちらにせよ、反応がいただけるのはうれしいことです。

うーむフロンティアスピリットですね。
(社会の授業でなんかこんな言葉でてきましたね。)

でも定番を作るって
こういうことなんでしょうね。
トライ&エラーというか。

コーラが日本にきたときは
すぐ受け入れられなかったって話もありますしね。

まあトライしすぎてガリガリ君ナポリタン味が
3億の赤字になったって話もありますけど。

運命の2016年2月14日

じつはわたくし。

2016年度にチョコソース味が発売した際にチャレンジしております。

そのときの写真を載せます。

f:id:peronchu-masumi:20170111221006j:plain

f:id:peronchu-masumi:20170111221018j:plain

f:id:peronchu-masumi:20170111221026j:plain

f:id:peronchu-masumi:20170111221034j:plain

f:id:peronchu-masumi:20170111221044j:plain

おいしそうでしょ?(震え声)

今回は一味違うぜ!

f:id:peronchu-masumi:20170111221151j:plain

まあまわりが
どれだけマズイマズイいっても
そこはやはり天下の明星。
1年毎に変化を付けてきています。

今回の違いはなんといっても
謎チョコキューブ入りな点でしょう
(驚異のそこじゃない感)

ぼくは正直トラウマでもう食べれませんが
まだ楽しみは取っておいてあるんですが。

コチラのブログではなんと絶賛されてました。

www.rbbtoday.com

あくまでチョコ菓子を食べているという認識で食べていると…いや、悪くない。やや塩気のあるソースとチョコの甘味が絶妙にマッチしている。

絶賛発売中です!

えっ?

絶 賛 発 売 中 で す!

最後に

さていかがだったでしょうか?

いろんな意味で食べたくなったことでしょう。
まさにプレゼントでこそ輝く商品です。

心ときめくバレンタインデーは
一平ちゃんのチョコソース焼きそばでキマり!

ということでみなさん色んなドキドキを楽しんでくださいね!
(無理はしないでください)

それではまた!

ペロンチュゲスミ