読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

恋人で終わる女性、結婚したい女性の違いはセックスじゃ計れない

マジメ系エロネタ

f:id:peronchu-masumi:20170125063329j:plain

毎日おつかれさま!
超どうでもいい系ブロガーのペロンチュ真純です。

さて本日のテーマは恋人やセフレで終わる女性と
結婚したい女性の違いはセックスじゃ計れない

というちょっと濃ゆいテーマでお送りします。

まず先日Twitterでこんな画像をみました。

有名なやつですけど結婚というものが
よくわかる画像ですよね。

大袈裟でなく結婚したい女性と
恋人やセフレで終わってしまう女性というのは

男性にとってまったく別の存在です

実際ぼくも結婚しましたけど
誰でも良かったわけじゃないし
身体の相性が特別によかったというわけでもない。

でもこの人しかいないだろうと感じた上で結婚しました

そもそも好かれること=結婚じゃない。
ましてや身体の相性では結婚という選択肢を
男性が選ぶことはまず無いと思っていいわけです。

今回はそんなことをつらつらと記事にしました。

関係の境界線

f:id:peronchu-masumi:20170125063336j:plain

恋人とセフレの境界線をみるには
男性の友達に紹介するかどうかをみればいい
ってよくいいますよね。

島田紳助さんも番組でいってましたけど
男性は世間体に生きてるところがあるので

男性にとっていい女であればあるほど
友達や家族に紹介したくなるわけです。

逆にいえばいい関係なのに
誰にも紹介しないっていうのはありえないんです。

以下のサイトでは

u-rennai.jp

「男性は女性をピラミッド構造でみてる」
とのこと。女性のピラミッドはこんな感じです。

  • 結婚したい相手...ひとり。結婚したいほど好き。
  • 恋人にしたい相手...何人もいる。結婚に伴う大きなリスクを負いたくない。
  • セフレにしてもいい相手...沢山いる。他の女性と付き合うと浮気になるので、付き合いたくない。
  • 友達ならいい相手...もっとも多い。

まあ異論もあるかもしれないですけどね(笑)

恋愛や結婚が上手くいかない女性の中には、男性から好かれるとこれらを一緒くたに考えてしまう人が多いんだとか。

好かれること=結婚に結び付かないといういい例かなと。

身体の相性は結婚には関係ない

f:id:peronchu-masumi:20170125063359j:plain

ぼくは身体の相性なんてもんはないと思ってます。

そりゃ体調環境状況によって
興奮の度合いは違いますし
気持ちよさっていうのも
毎回のように変わるもんですからね。

むしろ身体の相性は
時間をかけて作ってくべきだと思います。

まあでもこれは少数派の意見。

なのでこんな調査サイトを発見しました。

全国20〜60代の男女549名を対象に
「体の相性で恋愛や結婚の相手を選んだことがある割合」
でアンケートをとった結果なんですが

f:id:peronchu-masumi:20170125054919p:plain

相性で選んだ人はざっくりと7人に1人。
しかも男女ともに近い数字ですね。

身体の相性で選んだということは、
付き合っていない段階でまずセックスをして
そこから2人の関係がどうなるかが決まった。
ということなので

最終的にはどうなったかがコチラ

f:id:peronchu-masumi:20170125055029p:plain

身体から入ると
セフレどまりか恋人になれるのか
確率として半々…リアルな感じしますね(笑)

一応、身体の相性が結婚に繋がる割合に関して
2つのアンケートの結果は近いものがあるので
相性が決め手にはならないという
わかりやすい結果なのかなと。

結婚が墓場という幻想

f:id:peronchu-masumi:20170125063406j:plain

ここからはぼくの話。

ぼくが結婚をしようと思ったきっかけは
20代のとき散々やんちゃまいてきたことが大きくて。

自由に恋愛もしてきたし
お金も対してなかったしね。

それでもふり向いたときに
ずっとそばにいてくれた人を
大事にしようと思ったというのが大きいです。

ぼくほんとクズだったので(笑)
ほぼヒモみたいな生活してた時期もありますしね。

それでも毎日幸せだ。
っていってくれる人を信頼せずに誰を信頼するんだと。

ぼくにとって女性って
いくら恋人だ恋愛だっていっていても
いつか離れていくような気がしていて
逆に信頼できないって気持ちが強いんです。

両親が離婚してるからなのかな。
余計に男女の関係っていうのを信頼できない。

だから別れを切り出して
気持ちを確かめる女性は嫌いだし
そういうことしないか
慎重にじっとみてるだけなのに
決断のはやい人はみんな去っていく。

ぼくにとっての結婚っていうのは
ホントにダメなときにそばにいてくれるかどうか。
それを一緒に乗り越えようとしてくれるかどうか。

逆にいえばただそれだけなんですよね。

夫婦と恋人の違いなんて
最初に画像のせましたけどね。
ぼくは究極どうでもいいと思います。

幸せになりたいじゃ
いつまでたっても幸せになれないように。

いま幸せかどうかを大切にしてくれる女性こそ
男性にとって結婚相手にしたくなる女性だと思います

最後に

さていかがだったでしょうか?

ぼくは結婚って幸せだと思ってますけど
ただしたいってだけならやめといたほうがいいかと。

結婚はゴールでもなんでもないですしね。
あんまり未来のことを気にしすぎる人には
圧倒的に向いてないと思います(笑)

そんなに関係がどうとか
力み過ぎず今を楽しんだ結果が
あくまで結婚っていうものだったってだけです。

なので結婚っていうハードルを
自分で高くし過ぎないように
人生を楽しんで行きましょうね。

それではまた!

ペロンチュ真純