オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

見たい揉みたい吸いつきたい!男は大好きおっぱいについて調べてみた

f:id:peronchu-masumi:20170126212045j:plain

毎日おつかれさま!
超どうでもいい系ブロガーのペロンチュ真純です。

さて皆さま…おっぱいはお好きですか?

もう一度お聞きします。

お っ ぱ い は お 好 き で す か ?

「おっぱい」

男であれば誰でも好きな魅惑のキーワードですね。

おっぱいのためであれば
男は信じられない力を発揮することでしょう。

ぼくも昔、おっぱいがみたいあまり
修学旅行の覗きにトライしたことがあります。
(失敗に終わりました…)

www.peronchu.jp

それもこれもおっぱいは気軽には
触れないまさに禁断の果実なわけです。

「男というものは見たいもみたい吸い付きたいの三原則を我慢して生き抜かねばならんのだ」(塩田)

と木多康明先生のマンガ幕張でも語られてます。

今回はそんな男の欲望の果て
おっぱいについて調べてみました。

おっぱいの魅力

f:id:peronchu-masumi:20170126212055j:plain

巨乳、貧乳、美乳…

いろいろな言葉がありますが

乳房から乳輪、乳首に至るまで
色、カタチ、大きさ、バランスなど
男の好みは多種多様であります。

前提として男はおっぱいが好きであり
どれが好きかという話は無粋なもの

ぼく自身おっぱいの大きい子から小さい娘まで
お付き合いをしたことがありますが
それぞれにそれぞれの良さがあります。

さてそんなおっぱいですが
以下のサイトで興味深いことが書いてありました。

cute-woman.info

なんと生物学的には
おっぱいが好きなのは
人間の男性だけ
だというのです。

たしかに動物からすればおっぱいは
子どもを育てるためだけのものであり
成長した猫や犬がいつまでも母の乳に
すり寄っていく光景なんてみないですよね?

人間は生物学的には例外になるのです。

これだけ聞いて人間でよかったと
ぼくは心から思ったわけですが(笑)

脳の作り、繁殖のために選ぶ、
テレビなどで刷り込まれる…など
いろいろなことがいわれていますが

ぼくはもっともっと単純で
見やすい位置にあって自分に無いものを
どことなく求めてしまうのかなぁと思ったり

女性からすれば男のジュニアは
見づらい位置にありますしね。

巨乳と貧乳の境界線

f:id:peronchu-masumi:20170126212050j:plain

ちなみに巨乳と貧乳の境界線はどこにあるんでしょうか?

これに関しても様々な意見があります。

ぼくの意見をいわせてもらうと

  • A…貧乳
  • B、C…微乳
  • D…普通
  • E、F…巨乳
  • G~Z…爆乳

という意見です。
ただこれに関しては正解はなく
あなたが思った答えこそが正解です

ちなみに男性はあまり知りませんが
おっぱいのカップ数というのは

トップ=バストの「一番高い」ところ
アンダー=バストの「一番低い」ところ

その差で決定します。

以下のサイトでは

www.mune-ookikushitainara.net

  • 10cm =Aカップ
  • 12.5cm=Bカップ
  • 15cm =Cカップ
  • 17.5cm=Dカップ
  • 20cm =Eカップ
  • 22.5cm=Fカップ

ということです。

さて話がそれましたが
貧乳~巨乳の境界線に関して
ぼくが一番好きな回答がコチラ

これが正解かな(笑)

おっぱいの語源

「おっぱい」「語源」で検索してみると
めちゃくちゃ出てきました(笑)

f:id:peronchu-masumi:20170126210126p:plain

ただどれも諸説ということで
信ぴょう性にかけるという印象ですね。

4つあるのでざっくり並べます。

  1. 「ををうまい(おおうまい)」から
  2. 「お腹一杯」の「いっぱい」が転じた
  3. 中国の春秋時代の学者「王牌」(おうぱい)から
  4. 古代の朝鮮語で「吸うもの」を意味する「パイ」から

以下サイトからの引用です。

www.yuraimemo.com

個人的にはあくまで乳房の幼児語であり
いいやすさが広まっただけって方が
すんなり入ってきました。

でもこの答えって永遠にわからないでしょうね。

最後に

さていかがだったでしょうか?

男性が大好きなおっぱいですが
それでも知らないことはたくさんありますね。

こうして詳しく知ることで
さらにおっぱいを愛でてもらえれば幸いです。

最後にぼくの大好きなAV男優しみけんさんの
おっぱい雑学でお別れしたいと思います。

www.peronchu.jp

それではまた!

ペロンチュ真純