読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

東京を卒業して8ヵ月。実際に能登へ地方移住した体験をまとめる

毎日おつかれさま!
マジメにエロスを語る
超どうでもいい系ブロガーのペロンチュ真純です。

さて本日のテーマは
東京を卒業して8ヵ月。
実際に能登に地方移住した体験をまとめる
です。

ぼくはエロブロガーなんてやってますが
2016年の7月まで東京でサラリーマンをやってました。

www.peronchu.jp

通勤は片道1時間。
仕事は9時~20時まで完全拘束。

年収400万以下のサラリーマン生活から
貯金0円で能登まで地方移住してきました。

今でこそ能登でのんびりと
家族で平和に暮らしていますが
落ち着くまでは怒涛の日々でした。

www.peronchu.jp

今回は新しいシーズンということで
地方移住に興味を持つ人に
ぼくが実際に移住したことで経験した
不憫に思ったことやいいと思ったことなど

実際に地方移住してみて感じたことを
具体的に4つまとめようと思います。

住む場所はあるのか?

家の問題に関しては特に大変でした。

というのも地方には家はある。
これはウソでもなんでもないです。

たしかに家は2~300万程度で
土地付きで中古の一軒家で10室付き
そんな家を買うことはできます。

ただしどれもが古い空き家で
水回りが修繕必須(ぼっとん便所だったり)
引越ししてもすぐ住めないような環境のものばかり。

ぼくらは悩んだ末に
町営住宅に住むという方法をとりました。

町営住宅の難点は
まず部屋の内見ができないこと。

あとはギリギリまで入れるかどうかが
しっかりとわからないこと。

応募者が殺到するような物件であればあるほど
抽選になったりでホントにぎりぎりまで
入れるのかどうかがしっかりわからないので
最後の最後までわからない。
おまけに決まったら早めに入らないといけない。

町営住宅の難点は値段の変動。

基本的には所得の低い人を対象にしてるため
東京で普通に働いてた世帯収入で計算すると
平気で4~5万程度の家賃になったりする。

実際にぼくでも5万ほどになってしまった。
来年には下がるはず(収入が減ったので)

メリットはどこか壊れたりしても
その町の役所に相談すれば
意外とすぐに対処してくれるところ。

実際にぼくらも網戸が穴だらけだったり
台所の水が変だったりしたんですが
全部、新品に変えてくれました。
暮らしやすさはまあ悪くはないかなといった感じ。

能登町は約18000人の町です。
こういった町だと不動産情報がまずネットに出てません。

というのもアパートはあるのですが
ほぼ全室すぐ埋まってしまう状況です。
実際に同棲や学生向けであったり
部屋そのものが求められてるんですね。

部屋の数が少なく受容があるため
都内ばりに高いですし
新築の場所なんて目的ありき
住む人が決まってる状態で
作られてるケースがほとんどなので
まず表立った募集は無いと思っていいです。

ぼくの感想としては
まず町営住宅で探すというのが
一番手っ取り早いかもしれません。

働く場所はあるのか?

仕事に関しては一番大事だと思います。

先にお伝えすると仕事はあります。

ただし収入や条件は
かなりきびしいものばかり。
早く帰れても年間80日休日とかザラです。
(参考までに土日祝がフルで休みだと125日ほど)

ただ求人は溢れてますね。

ぼくは舗装会社の営業をしてますが
東京とほぼ年収が変わりません。
ちょっと下がった程度です。

二か月ほどハローワークの情報に張りついて
これだ!って思った瞬間に
飛びついて即決まったので
ずっと探せばタイミング次第では
いい条件のものもあるかもしれせん。

実際にぼくが働いてる職場は
8時~17時までで残業はほぼ無し。
土曜日のみ隔週出勤ですが
ボーナスありますし通勤15分ですからね。

家や家族に使う時間が圧倒的に増えたのは
田舎だからこその特典だと思ってます。

やっぱり時間が一番大事ですからね。
都内では待機児童問題であったり
保育士の給与問題で揺れてる
都内の状況ををみてましたからね。

残業ナニソレオイシイノ?って感じです。

いったいいくらかかったのか?

お金に関してですね。

まず各町によっては少子高齢化の影響で
町の助成金がでます。

ぼくが移住した石川県の能登町では
子どもが生まれれば10万円。
仕事をしたら10万円。
第一次産業(農業とか漁業とか)をしたら
家賃の半分を補助などがあります。

家を新築にすると200万補助とか
改装でも50万補助とか。
サポート面はいろいろあります。

けっこう隣町程度でも条件が
かなり大きく変わるので
このあたりは各町の役場の情報をみて
ご判断ください。

ポイントは助成金をもらうタイミングに
注意が必要
というくらい。

たとえば仕事をしたら10万円ですけど
もらえるのは実際に就業してから1年後とか。
そういうタイムラグがあったりするのは注意です。
よく確認して動きをとりましょう!

実際にぼくは貯金0円で移住しましたが
幸いなことに退職金が出たのもあって
引っ越し代とか初期費用はある程度
奇跡的に賄えたんですよね。
なので完全な初期費用0円は難しいかも。

一応オススメの対策として
収入は減るのは間違いないので
まずはブログや物販、クラウドソーシングなど
地盤作って月に1万でもいいから作る
これができればそこまで困らないと思います。

ぼくも移住する前から
大幅にPV数伸びてるのもあり
生活費の足しに大分なってます(笑)

あとは間違いなく車が必要なので
それだけ注意が必要でしょうね。

ただ車なんて買おうと思えば
10万でも譲ってくれる人がいるので
知り合い作って時間かけて
探しまくるのもいいかもです。

ぼくはそういう声をかけてくれる人が
会社に何人かいたくらいなので
0ってことはないと思います。

全体の生活費は都内より圧倒的に下がりました。

家賃の問題だけクリアできれば
もっと下がりそうですけどね(笑)

毎日は楽しいのか?

これに関していえば
まず間違いなく都内よりも楽しいです。

家族の時間がとれるのが最大のポイント。
おまけに地方ならではのイベントの充実。
ぼくはマラソン大会とか出てますけど
楽しいですし新しい出会いも多いです。

実際に住んでる人は
ヒマでパチンコいったり離婚問題など
他人のウワサや色恋沙汰に一生懸命ですけど(笑)

都会から来れば来るほど
たとえば空1つでもいいんです。
海や星なんかも最高に気持ちいいです。

お酒でも飲みながら景色みたり
散歩したりそういう贅沢は田舎ならでは。

それが楽しめれば田舎での生活は最高です。

あとはスーパーひとつでも食材が新鮮です。
何作っても美味しいですからね。
都会では絶対買えません。

おまけにチェーン店の寿司屋が絶品!
回転すしでこのクオリティなの?って
驚いてしまいそうなほど海鮮はヤバいです。
食材に関してはあきらかにレベルが違います。

地味にオシャレなカフェとかもけっこうあります。

同じような地方移住してきたような人は
大体自分のやりたいことをするためにきてるので
カフェとかパン屋とかワインバーとか
そういうのはないわけじゃないんですね。

マイナス点としては
各お店の情報が少ない。
とくにネットで探す上で定休日以外の
急な休みの情報がまずのってない。

これは不便ですね。

とにかくイベント系が弱いです。
先日も隣町に東国原秀夫さんが
公演に来てましたが
そういう情報を探すの大変なんです。

ただ石川県に関しては
かほくにあるイオンでは
お笑い芸人さんのライブもみれるし
音楽系ライブもさかんに行われてます。

あとは食材がいくら新鮮で
ご飯がウマイといっても無性に
ファストフードが食べたくなる瞬間がきます。

でも1時間とかかければ全然食べれます。

Amazonなどの発展で
流通も素晴らしく快適になったので
欲しいものは店にはなくても
ネットでなんとかなります。

最後に

さていかがだったでしょうか?

正直ぼくは地方移住って
そんなに難しいことでもなかったりします。

実際に親には反対されましたけど
今じゃしてよかったねとか平然と言われますし(笑)
思い切りとフロンティアスピリットが大事です。

したいのにできない人って
何かしら出来ない理由があるんですよね。
ちなみにこういう場合の
借金って理由にはなりませんからね(笑)

いきたいなら"今"いきましょう!

次からまたエロブログになります。

それではまた!

ペロンチュ真純

・関連記事

頑張らなくていい。好きなだけオナニーやセックスをすればいい。 - オフィスペロンチュ2
【エッセイ】不正出血、切迫早産…それでも無事に出産した夫婦の体験記 - オフィスペロンチュ2
【自由】コンクリートジャングルを抜け出せ!?東京→石川移住物語!! - オフィスペロンチュ2
【移住】東京離脱??いしかわ移住相談センターへいってみた!! - オフィスペロンチュ2
【地方移住】について真剣に調べた!!石川県能登町編 - オフィスペロンチュ2