オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

これだけは覚えててほしい。フェラに限り男の気持ちいいはウソだから

マジメにエロスを語る
エロブロガーのペロンチュ真純です。

さて男性の皆さまは
フェラの上手い女性に出会ったことはありますか?

残念ながらぼくはありません。

仮性包茎包茎などもあれば
そのときの興奮状態などによっても
男性の感じ方は敏感であったり鈍感であったりします。

そのときどきで状態が違うものを
女性は相手にするからこそどんなときでも
誰でも気持ちいいはありえない。

ところが男性は興奮しながらも冷静に考え
女性を盛り上げようという気持ちになります。

そのときに出る言葉が「気持ちいい」です。

ぼくは初めからフェラが
上手い女性に出会ったことはありません。

当然ですが良いか悪いかは
ぶっちゃけ舐められなければわかりません。
ですがそのときに男性が感じる違和感が
興奮状態を冷めさせてることにも気づいて欲しい。

  • 刺激が強すぎる
  • 痛みを感じる
  • 無理に皮を剥く
  • 舐めれば気持ちいと思ってる

男性は感じる違和感や身体と感情のズレを
上手く伝えることができません。

そりゃそうでしょ。
右手は言わないでも全てを理解してますからね。

もちろん伝えられる人はいます。
ですがほとんどの人は伝えることが出来ず
なんとなくなぁなぁにして新鮮味がなくなり
カンタンにセックスレスに陥ったりします。

だからこそ「これだけは覚えててほしい。
フェラに限り男の気持ちいいはウソだから」

今回はそんな男性たちの魂の叫びを伝えるべく立ち上がりました。

テクニックはいらない。むしろ濡らせ。

ネットで「フェラ」「下手」というワードで検索すると

pan-pan.co

love-college.net

こういった記事が山のように溢れてます。
女性がテクニックで相手の男性を
なんとかしようという需要が多いんでしょうね。

ですが改めていえることとして
テクニックはそこまで必要じゃありません。

たとえば舐めるにあたって
音を立ててうるさくする

とか

強弱をつける

とか

タマ袋も愛撫する

とか

こういうことが書いてる記事が多いんですが
ぶっちゃけそこまで求めてる男性は少ないです。

というのもそこまでいくと
フェチの世界に入るからです。
それこそAVの見過ぎだろと言いたい。
もしくは風俗の行き過ぎだろと。

もちろん好きな人は好きでしょう。
でもぼくならそれを最初にやられたら
思いっきりひきます

むしろ大事なのはテクニックじゃない。
もっとカンタンに言いましょう。

ズバリ男性が求めているのは濡れ具合です

もうこれだけなんですよね。

男性と女性を違うものと考えるから
わけがわからなくなるだけで男性だって
濡れてなければ痛みを覚えるということ。

逆に言えば濡れていれば痛みはない。
その上でテクニックが役立つようになるわけです。

イクから上手いわけじゃない。

もう一つお伝えしたいのは

「イク=上手い」

ではないということ。

これは女性にとくに勘違いしてほしくないですが
射精=ゴールという発想は間違いです。

男性は相手が上手い人じゃなくても
イクことなんて出来ます。
…もちろん下手すぎるとイケませんけど。

先ほど上で伝えたような違和感を感じていても
男性はイケなくはないわけなんです。

はじめてのセックスのときを思い出してください。

オナニーとの違いに悩みながら
そこまで気持ちよくないなと思いながら
それでも射精してたじゃないですか。
射精と上手さは関係ないんです。

つまり男性はどこかに気持ちよさを見つければ
なんとかイクことができる生き物ということ。

むしろ男性の反応よりも
男性の行動を見てもらえれば
あなたの流れが正解かすぐにわかるはずです。

舐めて欲しいと言われてから
10~20秒ほどで入れていい?
といわれたことのある女性は
まず間違いなく下手だったんだと自覚していい。

これはセックスに対する集中力をあきらかに途切れさせてます

燃え上がるような頭の中が真っ白になるような
そんなセックスがしたいと誰もが思ってるのに
蚊が耳元で飛んでたら集中できませんよね?
それと同じようなもんです。

男性はセックスを伝えるより読み取ってほしいと思ってます。

女性「えー言わないとわからないよ」

なんていってるとまあサヨナラですよね。
男性は伝えることすらめんどくさい。
それなら新鮮さを求めた方が気持ちの満足度が高くなる。

イカせることよりも
行動を読み合うゲームこそ
男性が求めるセックスの本質なのです。

セックスは野球のような攻守逆転ゲームじゃない。

セックスにおける上手さとは
ズバリ集中させる力です。

夢中にさせる力と言い換えてもいいでしょう。

女性の多くは「してもらう」「してあげる」の
攻守逆転の野球みたいなゲームだと
イメージしてる人が多いんですが

むしろ攻守を同時に行っている
格闘技というのがセックスにおける男性のイメージです。

つまりフェラにおける上手さとは
集中力を途切れさせず次の行動に繋げる
綱渡しのような役割で充分だということなんです。

男女の恋愛の違いと一緒です。

男性は恋愛においては加点方式
相手のいい部分を加算していく方法で
女性は恋愛において減点方式
相手の気になる部分を減点していって
対象外になったらアウト。

これがセックスの世界では完全に男女が逆になります。

女性は加算方式で
気持ちよさを追加していくことで
絶頂にいきやすくなります。

ところが男性は減点方式をとってるんですね。
どこが気になるのかを明確に意識しながら
セックスしてるわけです。

だからこそフェラにおける上手さは
テクニックではなく
特別なことをしないことが正解だといえるのです。

最後に

さていかがだったでしょうか?

正直、男性は女性が思う以上に
めんどくさいを感じてる生き物です。

女性は男性の「気持ちいい」
この言葉を信じていたら絶対にダメです。
むしろその言葉よりも男性の行動で判断しましょう。

それではまた。

ペロンチュ真純

・関連記事

カラオケでセックスしろ!でもバレるのが怖いチキンならするな! - オフィスペロンチュ2
やりたくてもできない!セックスの快感を超える夢精について調べてみた! - オフィスペロンチュ2
【衝撃】入れたら抜けない!?ウワサのちつ痙攣について調べてみた!! - オフィスペロンチュ2
【驚愕】ヌくのは命がけ!?オナニーで死ぬテクノブレイクの恐怖とは!! - オフィスペロンチュ2
【考察】ノーパンしゃぶしゃぶについて気になったので調べてみた!! - オフィスペロンチュ2