オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

友達の彼女との関係は誰にも話せない。でも1人じゃ抱えられない。

マジメにエロスを語る
エロブロガーのペロンチュ真純です。

さて皆さまは友達の彼女と関係を持ってしまったことはありますか?

ぼくはあります。

その人は後輩の彼女でした。
絶望するほどどうしようもなく
辛いことがあり心を病んでしまいました。

そんなときに彼女のやさしさに甘えた結果
ぼくは友だちとその彼女の2人を
同時に失うことになってしまいました。

男女の友情論をぼくは信じてますし
論理的にダメだということもわかっています。

それでも精神状態のかみ合わせによって
友達の彼女と関係を持ってしまうこともある。

そしてダメだと思えば思うほど
その関係は燃え上がってしまうのが人の性です。

今回は誰にも言えない。
それでも1人じゃ抱えられない。
友達の彼女との関係性についてです。

男女の友情は"状況によって"成り立つ。

男と女である以上
どこにでも出てくる話題として
男女の友情が成り立つか問題があります。

「男女の友情」をキーワードに
検索してみると以下のような記事が出てきます。

woman.mynavi.jp

laurier.press

さまざまな議論が出ては
異性の友人がいる人は男女の友情論を有りとし
逆に生物的には種の本能として不可能という人もいます。

ただしここでぼくが一石を投じたい話は
男女の関係というのは
あくまで状況によるというもの

以前にぼくの周りでこんなケースがありました。

長い間、恋人の関係を持っていた二人。
ただし彼氏はヒモでニートでした。
彼女は結婚を望んでいたんですが
彼が定職に就くまでは結婚できないと決めていました。

そんなときに結婚をしていた友人の夫が
離婚騒動を起こして弱っていました。

あまりに辛そうだったので話を聞いていたら
お酒の席ということもありなんとなく
そういう関係になってしまいました。

誰が悪いわけでもありません。
ですがこれは本当にあった話です。

10数年という長い期間でも
友達以上の関係にはならなかった2人ですら
状況によっては関係性を失ってしまうこともあるのです。

奪うからこそ燃える本能

世の中のメディアを見てもらえばわかるように
世間的にタブーとされているものほど
人は興味を覚え興奮を持って飛びついてしまうものです。

実際にドラマでは不倫ものが流行るし
昨年のベッキーさんの
ゲス不倫報道などでもわかるように

芸能人の離婚やら略奪騒動というのは
数字が取れるからこそ連日報道されるわけです。

実際にイケない関係を
持ってしまったときの興奮はすごいです。

なんせ2人が罪人であり
おまけに2人が許しあっているのですから

自分を理解してくれるのはこの人だけだという
曲がった錯覚を持ってしまうんですね。

もちろん罪悪感もすごいのですが
理屈などその場の興奮には勝てないです。

何も考えられないほど相手のことを
求めてしまうのが人の性です。

絶対に手を出してはいけないからこそ
人妻モノのAVが流行り
NTR(寝取り)というジャンルが生まれたわけです。

www.peronchu.jp

奪うからこそ燃える
そりゃあそうでしょう。
食欲、睡眠欲、性欲は人の3大欲求ですからね。

あなたはずっと食べずにいれますか?
ずっと眠れずにいれますか?

性欲はその感情と
肩を並べる欲求だということを
もっとちゃんと知るべきです。

二度と戻れない覚悟はあるか。

世の中には不倫や略奪をして
新しい恋人や結婚相手になったりすることもあります。

ですが多くの場合は
それぞれ元の関係に戻ってしまいます。

それもそのはずでこういった関係は
相手への不満から始まるので
不満が解消されれば問題はなくなります。

燃え上がってる瞬間は良くても
新しい恋愛というのは
年を取るほどそれだけでめんどくさければ
相手との利害関係の一致がなければ成立してません。

なので愛情以上に
状況によって生まれた関係性が
2人を揺さぶるわけです。

手を出してしまった以上
多くの場合は元の関係には戻れないでしょう。

セフレという割り切った関係ならまだしも
もうちょっとでお互いのスキマを
上手いこと埋められる関係。

これはかけられたハシゴをどちらかが外せば
それだけでもう成立しないとても危ない関係です

友達の彼女。

一度手を出せば友だちのモノを奪う
征服欲を満たすことはできるかもしれません。

ですが一歩間違えば
友だちという関係すらカンタンに失ってしまうわけです。

  • 相手には借金があるかもしれませんよ?
  • もし子供がいたら慰謝料で大変ですよ?

あなたには二度と元には戻れず理解者を手放す
そのリスクを背負う覚悟はありますか?

最後に

さていかがだったでしょうか?

友達の彼女。

最後にこのケースの中で
起こり得る最大のリスクの話をしましょう。

そのリスクとは信頼です。

信頼していればいるほど
その善意を利用するのはカンタンです。

離婚がもしもウソなら?
恋人と別れるのがウソなら?

信頼すればするほど
善意を利用しようとする人もいるでしょう。
もちろんぼくはその関係を否定はしません。
あなたが幸せならばそれが一番です。

ですが友達の彼女との関係を誰にも話せない。
そして1人じゃ抱えられない。

人に相談できないときだからこそ
自分で客観的に考える
そんな力を大事にしていきましょう。

それではまた。

ペロンチュ真純

・関連記事

カラオケでセックスしろ!でもバレるのが怖いチキンならするな! - オフィスペロンチュ2
AVやゲームだから許せる?NTR(ネトラレ)について調べてみた - オフィスペロンチュ2
風俗未経験のぼくがJKリフレで手を揉まれながら号泣した話 - オフィスペロンチュ2
【聞き耳】隣の部屋からあえぎ声が!?あなたならどうする?? - オフィスペロンチュ2
【驚愕】ヌくのは命がけ!?オナニーで死ぬテクノブレイクの恐怖とは!! - オフィスペロンチュ2