読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスペロンチュ2

30代サラリーマンに向けた飲み会でのみ輝くムダ知識をまとめてます

誰だって童貞だからブラのホックなんて外せないくらいでちょうどいい

マジメにエロスを語るエロブロガーのペロンチュ真純です。

誰だって男は童貞です。

童貞は卒業することを夢見て、保健体育の教科書(エロ本orAV)で日々勉強をしてます。

でも不思議なもので彼らは見栄を張ろうとします

その結果うまれた問題がブラのホックをスムーズに外せるか問題です。

セックス。

それは男にとって人生で最初の壁でしょう。

それなりに生きていけば処女も童貞もいつかは失います。

ところが、男性はその最初の一回で「失敗したくない」と思い込んでしまいます。

ぼくだって最初のセックスは、挿入できるまで数日かかりました。

そこからイケるようになるまで何度もトライしました。

それでも気持ちいいと思えなかったところから、ぼくのセックス人生が始まっています。

だからこそ童貞の君に言いたい。

「ブラのホックなんて外せないくらいでちょうどいい」

今日はそんなマジメ系童貞について考える記事です。

他人を気にし過ぎるのはもうやめよう。

男性にとって経験値の足りなさは、負の感情を連れてきます。

たとえば処女と童貞という組み合わせならば、あまり気にならないかもしれません。

ところが童貞と経験人数10人の女性では、葛藤してしまうのが男というものです。

何故なら見栄をはりたいから。

自分を大きく見せてないと不安だからです

ちなみにこれは童貞を卒業してからも付きまとう問題です。

経験人数2人の男と、100人切りの女性の組み合わせでも、同じように葛藤が生まれるものなんです。

男性は真面目ですね。

AVやエロ本が刺激的だからというのも理由の1つかもしれません。

ただあえていいたいのは、他人を気にしすぎるのはもうやめようということ。

以前にこういう記事を書きました。

男性はちんこの長さや大きさ、ずるムケ具合を他人と比べる生き物だ - オフィスペロンチュ2

サイズの話だけで、勝ち負けを気にしてしまうのが男性の本能。

ところが、ここで童貞諸君にわかってもらいたいのは、サイズも個性だと思える気持ちが大事だということ

ブラジャーのホックが外せるかどうかなんて、ベルトコンベアーで刺身パックにタンポポを載せる仕事くらい誰にでもできる単純作業です。

ホックが複雑な迷路になってることなんてありません。

せめて起こり得るのは、前か後ろかくらいの違いだけです。(ぼくは今でも前なら戸惑います)

どうしても不安なら「ブラのホックってどうやって外すの?」って言えるくらいの勇気を持つこと。

それを言って引いてしまう女性なら、あなたからお断りするべきです。

1度でもイケるなら、2度3度は必ずイケます。

だからこそ他人と比べるよりも、まず目の前の女性との時間を楽しみましょう。

失敗はしてもいい。

「失敗しちゃいけません。」

なんてエロ本やAVというお馴染みの性の教科書において、一言でも書いてあったでしょうか?

むしろ人生においても、未経験者に失敗NGを突きつける会社はどうかしてます。

「失敗はしていいんです。」

コンディションと興奮具合の問題で早漏すぎて、3こすり半フィニッシュを経験した人は多いはずです。

逆に全然イケなくて、プレイ中に冷静になってしまって悩んでしまったりする人もいます。

でも大事なことは、早漏でも遅漏でも、ましてや童貞でもありません。

そこからどう考えるかなんです。

失敗から次に繋げるための考える力なんですよね。

自動車の免許は誰でも取れますよね?

同じように、セックスだって誰でも出来るということなんです。

近道でも遠回りでもいいので、その答えを探し出す力の方がセックスにおいては重要なんです。

ところが最初から「嫌われたくない」「失敗したくない」では、上手く行くはずがありません。

誰でもはじめてなんだから、トライ&エラーを繰り返す。それだけの話なんです。

逆に流れ作業的にセックスがルーティーンになってしまうと大変ですよ。

1パターンで終わってしまう。射精ができればそれでいい。その考えこそが失敗です。

常に考える力を試されてるのがセックスという行為です。

最後に

さていかがだったでしょうか?

童貞の君に言いたいことは、風俗を抜きにしたとしても、年間に3人以上、新しい女性と毎年のように新鮮なセックスを経験し続ける男性は少数派です。

だってこれなら20歳で卒業したとしても10年で30人と経験してきたことになりますからね。

あなたの周りの年上で30人以上の経験者って多くないと思います。(お父さんにでも聞いてみて下さい)

ということはつまりワンナイトセックスよりも、同じ人で経験を積んでいく積み上げ方式のセックスの方が経験として多いんですね

だからこそ、失敗も相手の目も気にすることは無いわけです。

失敗を次の成功に繋げていけばいい。

ましてやセックスは難しいことじゃない。

奥が深いという意味では突き詰める難しさはあるかもしれませんが、

だからこそ誰だって童貞だからブラのホックなんて外せないくらいでちょうどいい。

そう思える大切さを伝えたいと思って記事にしました。

ペロンチュ真純